ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 協働のまちづくり > きしサポ市民活動プランコンペ

本文

きしサポ市民活動プランコンペ

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年5月26日掲載

「きしサポ市民活動プランコンペ」とは

 「きしサポ市民活動プランコンペ」は、岸和田市における地域課題や社会課題の解決をはじめ、岸和田市をよりよくする事業(ビジネスプラン)のアイデアを募集し、表彰するものです。
 また、優れた事業アイデアに対しては、事業実現に向けたサポートを行うこととしています。

令和元(2019)年度の結果

 初開催となった令和元年は10~11月にアイデアの募集を行い、書類選考を経て、令和2年2月1日(土曜日)、岸和田市立公民館4階多目的ホールで最終選考会を開催しました。

 審査は、次の3つの基準で実施。

 (1)事業内容の社会性
 (2)事業内容の企画力、実現性
 (3)岸和田市への貢献度、波及効果

 4人の選考委員による審査の結果、大賞などが決定しました。

2月1日の最終選考会の写真

大賞を受賞したアイデア

▼受賞者

 「赤ちゃんこどもボランティアの会inきしわだ」近沢真伊子さん

近沢さん

▼事業の名称

赤ちゃんこどもボランティアの会inきしわだ

 代表の近沢真伊子さんをはじめ67名のメンバーが活動し、高齢者と子どもとの世代間交流活動に取り組んでいます。設立は平成31年4月。

▼事業のテーマ

高齢者施設に子どもを連れて遊びに行きます。

▼事業の概要

 岸和田市内にある高齢者施設に、小さい子どもとその保護者と共に訪問。子どもや孫と離れてさみしく暮らしておられる高齢者が笑顔になり、孤独に子育てをしている保育者の居場所となり、子どもたちは、自然と優しさやいたわりの気持ちが育ちます。

高齢者と子どもとの世代間交流の写真

 世代間交流が活発になることで、〈ええまち×おもろい〉岸和田の活性化につながっています。


岸和田市市民活動サポートセンターのバナー

6.人材バンク制度
8.ボランティア募集情報
9.岸和田市民フェスティバル
Danjiri city kishiwada