ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 広報きしわだ > 広報きしわだ 令和5年(2023年)8月号5面

本文

広報きしわだ 令和5年(2023年)8月号5面

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2023年8月1日掲載

市政情報(お知らせ)

住居表示を実施します

住居表示の地図

住所をわかりやすくするため、表のとおり住居表示を実施します。該当区域のご家庭や事業所を調査員が訪問し、住所や世帯員、事業所名などをお聞きします。訪問開始は8月下旬を予定していますので、ご協力をお願いします。世帯調査済みのご家庭および事業所には、実施日の約1カ月前に新住所を通知します。実施日以降は、新しい住所をお使いください。

新しい町名

住居表示前

実施日

神須屋町1~3丁目
(新設)

神須屋町、極楽寺町、畑町、八田町、流木町および真上町の各一部

12月4日(月曜日)

問合せ 市民課住居表示担当電話:072-423-9452

水道料金の基本料金および従量料金を30%減免します

市民や事業主の皆さんの経済的負担を軽減するため、水道料金のうち基本料金および50立方メートルまでの従量料金について、30%減免します。減免にあたり、手続きは不要です。下水道使用料は減免対象外です。詳しくは市ホームページをご確認ください。
対象 本市と給水契約をしている世帯と事業所(官公庁、臨時用、船舶用を除く)
減免期間 8~11月検針分
問合せ 上下水道局料金課お客様窓口電話:072-423-9593

奨学金返還金額の一部を助成します

対象奨学金や申請方法など詳しくは、市ホームページをご確認いただくか、お問い合わせください。
対象 次の(1)~(7)の要件を全て満たす人 (1)4月1日以降、市内企業等に新規に正規雇用され、市内事業所で6カ月以上就業または就業予定で、かつ申請日時点で雇用継続中の人 (2)大学等在学中に奨学金の貸与を受け、自ら奨学金を返還している人 (3)来年3月31日時点で年齢が39歳以下の人 (4)申請日時点で、市内に住所を有し5年以上定住する意思がある人 (5)市税を滞納していない人 (6)奨学金返還に関するほかの助成金を受けていない人 (7)暴力団員または暴力団密接関係者でない人
※公務員およびそれに準ずる人は除きます。
対象奨学金 日本学生支援機構等が貸与する奨学金
申請期間 来年1月4日(木曜日)~2月29日(木曜日)
助成金額 今年返還した奨学金返還金額の3分の2以内で、上限12万円(1,000円未満切り捨て)
問合せ 産業政策課労働政策担当電話:072-423-9621

公共施設の使用料が変わります

市では、平成28年5月に策定した「岸和田市受益者負担基本方針」に基づき、施設を利用する人と利用しない人の負担の公平性を確保するため、公共施設の使用料の適正化を順次進めています。来年4月1日からまちづくりの館、大沢山荘、浜老人集会所の3施設の使用料が変わります。詳しくは市ホームページをご確認いただくか、お問い合わせください。

施設名

問合せ(所管課)

まちづくりの館(本町)

観光課観光振興担当 電話:072-423-9486

大沢山荘(大沢町)

農林水産課農林水産振興担当電話:072-423-9488

浜老人集会所(中之浜町)

福祉政策課高齢福祉担当電話:072-423-9527

岸和田市上下水道事業におけるインボイス制度への対応

10月1日から、消費税の複数税率に対応した仕入税額控除の方式として、適格請求書等保存方式(インボイス制度)が導入されます。本市上下水道局では、適格請求書発行事業者(インボイス事業者)の登録を行いましたので、お知らせします。登録番号は表のとおりです。

岸和田市上下水道局(上水道事業)

T4800020001208

岸和田市上下水道局(下水道事業)

T5800020001207

水道料金等の適格請求書(インボイス)対応

本市上下水道局では、10月検針分から「検針お知らせはがき」を適格請求書(インボイス)として発行します。検針時にポストなどに投函している「水道使用水量等のお知らせ(検針票)」はインボイス対応していません。必要な人には「検針お知らせはがき」を郵送しますのでご連絡ください。なお、漏水による料金減免等により請求額が変更になる場合は、上記とは別に対応いたします。詳しくは市ホームぺージをご確認ください。
問合せ 上下水道局料金課お客様窓口電話:072-423-9593

​​副市長に波積大樹氏

問合せ 秘書課電話:072-423-9406

 令和5年第2回定例市議会で、副市長選任の同意を得ました。任期は令和5年7月3日から4年間です。

波積副市長の写真
​波積大樹氏

​【経歴】平成2年4月、農林水産省に入省。平成26年4月、農林水産技術会議事務局研究開発官。平成27年9月、厚生労働省職業能力開発局能力開発課長兼復興庁統括官付。平成29年7月、 厚生労働省人材開発統括官付参事官兼復興庁統括官付。平成30年4月、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構理事。令和4年4月、国土交通省北海道開発局次長。

 また、農業委員任命の同意を求めること及び人権擁護委員候補者の推薦の同意を得ました。

農業委員

今本一成氏、大嶋浩一氏、楠本忠雄氏、久礼広一郎氏(礼は、正しくは、しめすへんに豊です)、坂田正行氏、谷口敏信氏、塚本敏雄氏、西川徳良氏(徳は、正しくは、心の上に一が入ります)、西村孝昭氏、原世志之氏(原は、正しくは、点がありません)、東昭夫氏、藤原一郎氏、南加代子氏、米本巧氏

問合せ 農業委員会事務局電話:072-423-9704

人権擁護委員候補者

亀井長生氏、谷藤栄一氏(藤は、正しくは、草冠の真ん中が離れています)、澤敦子氏、田中伸子氏、馬場由美子氏、秋田多美枝氏、鈴木八恵氏、谷桂輔氏、頓花伸二氏、廣野寛子氏(廣は、正しくは、まだれに黄です)、古松一明氏

問合せ 人権・男女共同参画課人権推進担当電話:072-429-9833


令和6年(2024年)
Danjiri city kishiwada