ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 暮らしの情報 > 住民票・戸籍 > パスポート > 岸和田市パスポート窓口 損傷

本文

岸和田市パスポート窓口 損傷

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2018年8月27日掲載

損傷

有効中のパスポートが損傷したら、そのパスポートを返納し切替新規申請を行なってください。

 

軽度の損傷とは

  • 査証欄が切れている
  • 査証欄にメモ、落書き等がされている
  • ラミネートがはがれている
  • ICシートが損傷している
     

著しい損傷とは

  • 氏名、生年月日、旅券番号、発行年月日等が判別できない
  • 写真がはがれている
  • ICシートを含むパスポートのページが1ページでも欠落している
  • パスポートが裁断機等で粉々になっている
  • パスポートがカッターやハサミ等で分断されている
  • その他の著しい損傷
     

注意事項

損傷したパスポートを必ず持参してください。

著しい損傷は、代理提出はできません。必ず、本人が申請してください。

著しい損傷の場合は、損傷の時期・状況・経緯等を事情説明書に記入していただきます。

裁断機等でパスポートが粉々になり、写真・氏名・生年月日が判別できない場合は、紛失届を提出していただきます。

パスポートの損傷状態の判別が難しい場合は、市民課窓口にご相談ください。
 

 お問い合わせの前に

 みなさまからよくいただくご質問を掲載しています。
お問い合わせの前に是非ご覧ください。 >>よくあるご質問

 


Danjiri city kishiwada