ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > まちづくり推進部 > 都市計画課 > 令和2年9月30日で大阪府屋外広告物条例の経過措置期間が終了します

本文

令和2年9月30日で大阪府屋外広告物条例の経過措置期間が終了します

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年9月28日掲載

令和2年9月30日で大阪府屋外広告物条例の経過措置期間が終了します

岸和田市では、「良好な景観形成」、「風致の維持および公衆に対する危害の防止」を図るため、大阪府屋外広告物条例に基づき必要な規制を行っています。

 屋外広告物の安全性を求める声が高まっており、屋外広告物に係る事故の発生を未然に防止するため、平成30年4月1日に大阪府屋外広告物条例および同施行規則が改正されました(施行日平成30年10月1日)。

 これにより、高さ4メートルを超える広告物、掲出物件については、更新許可申請時に、有資格者による「屋外広告物安全点検報告書」を提出することとなっています。

 この改正規定の経過措置期間が、令和2年9月30日に終了しますので、屋外広告物安全点検報告書の提出や資格の種類などに改めて注意し、更新許可申請をお願い致します。

主な改正点について

  1. 管理義務を要する者の明確化
  2. 安全点検の義務化と点検資格者の厳格化
  3. 2の点検結果について知事への提出を義務化

大阪府屋外広告物条例の主な改正点 [PDFファイル/331KB]

1. 管理義務を要する者の明確化

 広告物の所有者等(広告物、掲出物件の所有者、占有者)は、屋外広告士又は屋外広告士と同等以上の知識を有する者に、広告物、掲出物件の本体、接合部、支持部分等の劣化及び損傷の状況を点検させなければならない旨の規定が追加されています。

2. 安全点検の義務化と点検資格者の厳格化

 屋外広告物の安全性、安全点検の実効性をより高めるため、点検が義務化され、点検者が次の資格等を有する者に限定されています。

【資格等】

  • 屋外広告士
  • 特種電気工事資格者のうち、ネオン工事に係る資格取得者
  • 屋外広告業の事業者団体が公益目的事業として実施する広告物の点検に関する技能講習の修了者

※府や市が実施する屋外広告物講習会修了者は、管理者の資格等に含まれませんのでご注意ください。 

 資格を確認できる書類の一例は以下のファイルをご覧ください。

資格を確認できる書類 [PDFファイル/430KB]

3. 2の点検結果について知事への提出を義務化

 更新許可の申請時に、高さが4メートルを超える広告物、掲出物件について、広告物の所有者等は屋外広告物安全点検報告書を知事に提出しなければならない旨の規定が追加されています。

 安全点検の概要及び報告書の記入方法については以下のファイルをご覧ください。

屋外広告物の点検の概要 [PDFファイル/284KB]

報告書記入例 [PDFファイル/210KB]


屋外広告業の登録に関する事務

 大阪府の区域(大阪市、堺市、豊中市、吹田市、高槻市、枚方市、八尾市、寝屋川市及び東大阪市の区域を除く。)内で屋外広告業を営む方は、大阪府知事に申請して屋外広告業の登録を受けなければなりません。

 詳しくは大阪府のホームページをご覧ください。

(外部リンク)屋外広告業の登録について(大阪府ホームページ)

そのほか屋外広告物に関すること

  大阪府屋外広告物条例に基づく規制は、大阪市、堺市、豊中市、吹田市、高槻市、枚方市、八尾市、寝屋川市及び東大阪市の区域を除く府域が対象です。※ 政令指定都市と中核市では、市条例を制定し、屋外広告物に関する規制を行っています。

  詳しくは以下のホームページをご覧ください。

屋外広告物について(岸和田市ホームページ)

(外部リンク)屋外広告物に関すること(大阪府ホームページ) 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Danjiri city kishiwada