ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 市民課 > 改製原戸籍

本文

改製原戸籍

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2016年6月21日掲載

 改製原戸籍は、法改正等により新たに編製したため、戸籍でなくなった、旧の戸籍をいいます。最近では、昭和23年戸籍法改正に伴う、改製原戸籍があります。また、平成6年に戸籍のコンピューター化が認められてからは、コンピューター導入自治体では、導入時に改製された、改製原戸籍も存在します。

請求先

 本籍のある市区町村に請求してください。

請求できる人

  • 除かれた戸籍に記載されている本人、またはその配偶者、父母、祖父母、子、孫など直系尊属・卑属

 上記以外の直系でない親族などが請求するときは下記のような正当な請求理由が必要です(請求理由を明らかにする資料が必要になります)。

  • 相続関係を証明する必要がある
  • 裁判所その他官公署に提出する必要がある
  • 改製原戸籍の記載事項を確認するについての正当な利害関係がある

手数料

  • 改製原戸籍1通750円

持参するもの

  • 請求者の本人確認ができる身分証明書等

 代理人(上記「請求できる人」以外の人)が申請するときは委任状が必要です。また、代理人の本人確認ができるもの(運転免許証など)が必要です。
  (委任状の様式はこちら [PDFファイル/141KB]

窓口にお越しいただく方の本人確認を行います

 本人確認は、次のような身分証明書等により行います。

  • 運転免許証、パスポート、個人番号カード(個人番号通知カードは除く)、写真付住民基本台帳カード及び官公署発行の顔写真付の証明書などから1点を提示

 上記がない場合は、下記のイから2点、またはイ+ロから各1点を提示(ロのみは不可)

  • イ健康保険証、介護保険証、年金手帳、年金証書、各種医療証など
  • ロ学生証、法人の発行した身分証、診察券、預金通帳、キャッシュカードなど

 なお、身分証明書等をお持ちでない方は、お問い合わせください。

注意事項

 岸和田市では、平成19年1月1日からコンピュータ化した戸籍の証明を発行しています。これ以前に「死亡」や「婚姻」などで除籍された方については、記載がされていません。必要な方は、「平成改製原戸籍謄本・抄本」を請求してください。

関連情報

 郵便で請求する場合は「郵送による請求」をご覧ください。(郵送による請求

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Danjiri city kishiwada