ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「これからの図書館座談会~未来の図書館、はじめます~」を開催しました

印刷用ページを表示する 2020年10月29日掲載

 10月24日(土曜日)、アカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役・プロデューサーの岡本真氏を講師にお招きして、「これからの図書館座談会~未来の図書館はじめます」を開催しました。当日は25名の参加がありました。

講師画像 参加者の様子

前半は、参加者からの質問に岡本氏が答える形式で進みました。

これからの図書館を考える際、

  • 「保存」「収集」「提供」「整理」に加え、「交流」と「知識」を創造する拡張機能が必要である。
  • 公民連携を考える際、まずは市民、地元企業との連携を考えることが大切である。
  • 「このまちをどうしたいか?」を考える際、それぞれが大切にしているものに序列をつけず、すべてを担う知恵を一緒に考え、優先順位をつけてすべてをやっていくという姿勢で取り組むことが大切である。

といったお話を伺いました。

後半は、3つのテーブルに分かれ、「学びと実践で、みんなで描くこれからの岸和田市立図書館像」の取り組みのキャッチコピーを考えました。

第1グループ 第2グループ 第3グループ

第1グループ「・・・だけじゃないよ!岸和田図書館」、第2グループ「マジミエ図書館Z」、第3グループ「つなもととみらい・いっとこよ」というキャッチコピーの中から、多数決で「マジミエ図書館Z」に決まりました。

キャッチコピー

「学びと実践で、みんなで描くこれからの岸和田市立図書館像」を略して「マジミエ図書館Z」だそうです。これからも継続的に学びと実践の場を作っていきたいと思います。