ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 岸和田だんじり祭 > 宮本町だんじり紹介

宮本町だんじり紹介

印刷用ページを表示する 2009年3月3日掲載

宮本町だんじり写真(平成20年)

宮入り神社岸城神社
製作平成20年
大工吉野 寿久
彫物師木下 賢治

彫物図柄

見送り大坂夏の陣
土呂幕正面夏の陣道明寺 薄田隼人
右面義経八艘飛
左面筑後川の合戦(太平記)

特徴

 牛頭天王社を岸城神社にお祀りした時から、宮座の中心的な役割を勤めており、くじ引きなしの「宮本一番」。纏、旗、法被にいたるまで「宮本」の誇りを表し「町」は付けない。町内に保存されている大太鼓(文化八年製作)は、岸和田城大手門太鼓櫓において武士が登城する際に打ったものを、岸和田藩主・岡部公より拝領したと伝えられている。平成20年に岸城神社の新御社殿完成と時を同じくして新調されただんじりは地元大工<吉為>の力作である。