ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

岸和田城

印刷用ページを表示する 2015年3月25日掲載

岸和田城の写真

 伝承では、建武新政期に楠木正成の一族、和田高家が築いたといわれています。天正13(1585)年、羽柴秀吉は紀州根来寺討滅後、伯父小出秀政を城主とし、秀政によって城郭整備され、天守閣もこの時に築かれました。

 小出秀政・吉政・吉英、松平(松井)康重・康映をへて寛永17(1640)年、岡部宣勝が入城(6万石、のち5万3千石)。以後、明治維新まで岡部氏13代が岸和田藩を統治しました。

 天守閣は文政10(1827)年に落雷で焼失、維新期には櫓・門など城郭施設を自ら破壊したため、近世以前の構造物は堀と石垣以外には残存していません。

 現天守閣は、昭和29年に建造された3層3階の模擬天守です。本来は5 層天守であったことが絵図などで確認されています。城跡は昭和18年に大阪府指定史跡となりました。

岸和田城 いま むかし

 平成19年4月1日より、岸和田城が観光施設として生まれ変りました。
 岸和田城ウエディングをはじめ、多聞櫓・隅櫓をギャラリーや各種イベントに使用することで、観光振興の拠点として活用しています。

展示情報

岸和田城展示案内をご覧ください。

国指定名勝 岸和田城庭園(八陣の庭)

岸和田城庭園(八陣の庭)は、昭和28年に作庭家の重森三玲(しげもりみれい)氏によって、作庭されました。
その芸術上の価値及び近代日本庭園史における学術上の価値が高いことから、平成26年10月6日付けで国の名勝に指定されました。

岸和田城庭園(八陣の庭)が国の名勝に指定されました

臨時休場のご案内

企画展の展示品入れ替えのため、平成27年7月14日(火曜日)は臨時休場します。

休場日と入場料のご案内

開場時間

午前10時~午後5時(入場は午後4時まで)
※ お城まつり期間中(4月1日~15日)は午後8時30分まで(入場は午後8時まで)。

休場日

毎週月曜日(月曜日が祝日・休日の場合、及びお城まつり期間中(4月1日~15日)は開場)
年末年始(12月29日~1月3日)
展示替の期間(臨時休場)

入場料(天守閣)
大人 300円
中学生以下 無料
団体割引
25人以上 3割引
3館共通券

大人 700円
岸和田城、岸和田だんじり会館、きしわだ自然資料館の3館に入場できます。

岸和田城 問い合わせ先

〒596-0073 岸和田市岸城町9番1号
電話:072-431-3251
ファクス:072-431-9706

岸和田城の地図