ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 協働のまちづくり > 岸和田市協働のまちづくり事業者バンクとは

岸和田市協働のまちづくり事業者バンクとは

印刷用ページを表示する 2011年4月1日掲載

 岸和田市では「社会貢献・地域貢献を行いたい」、「地域のまちづくりに参加したい」といった想いのある事業者と、公共的・公益的な活動に取り組む市民活動団体を結び付け(マッチング)、協働によるまちづくりを推進するため、岸和田市協働のまちづくり事業者バンクをスタートします。

 現在、地域のまちづくり活動に興味・関心のある事業者を募集しています。

事業者バンクとは

 近年、企業の社会的責任(CSR)が注目を集めています。その一環として、事業者も社会構成員の一員として、地域のまちづくり活動に参加・協力する事業者が増えています。国や経済界においてもCSRの普及活動が盛んに行われており、今後、ますます事業者によるまちづくり活動が広がっていくと予想されます。

 事業者バンクは、「社会貢献・地域貢献を行いたい」、「地域のまちづくりに参加したい」といった想いのある事業者と、まちづくり活動に取り組んでいる市民活動団体のニーズを結び付け(マッチング)、より良いまちを目指すため、事業者と市民活動団体の出会いの場をサポートする制度です。

事業者バンクの特徴

●事業者の「想い」を「形」にします。

「社会貢献、地域貢献したい」という事業者を、まちづくり活動に結び付ける仕組みです。

●事業者の得意分野をまちづくりに活かします。

事業者の有する資源(人的、知的、財的など)を出来る範囲で、まちづくり活動に活用します。

●事業者・市民・行政による協働のまちづくりを実現します。

それぞれの役割に基づき、協働のまちづくりを推進します。

事業者バンクのイメージ図

参考資料

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)