ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 都市計画課 > 歴史・文化を活かした市街地形成

歴史・文化を活かした市街地形成

印刷用ページを表示する 2015年4月7日掲載

本町のまちなみ

 地域の特性を活かしたまちづくりを進めるため、歴史・文化を守り、育てる市街地形成を行っています。

歴史的まちなみ保全地区

 岸和田城の西側に位置する本町地区は、紀州街道を中心に本瓦葺き・中二階・出格子で構成される建築物が数多く残っており、かつての城下町としての趣きを保っています。
 この本町地区を平成5年に、“歴史的まちなみ保全地区”に指定するとともに、歴史的に趣きのある建築物を“歴史的景観建築物”として35件指定しました。
 岸和田市は、歴史的なまちなみを保全・活用し、良好な市街地を形成するため、地区内で行われる団体活動や建築等の行為を支援しています。

歴史的まちなみを守る市民活動への支援

板塀作業中

 歴史的なまちなみを守り、歴史や文化を活用し、魅力あるまちづくりを目指す“本町のまちづくりを考える会”の活動を支援しています。

 にぎわい市写真 竹燈絵 

  「本町のまちづくりを考える会」の活動紹介をご覧ください。

歴史的まちなみを守るための家屋修景への支援

 建物の新築・改築等を行われる際には、まちなみと調和のとれた建築物となるよう、行為の申出を提出いただき、協議を行っています。

修景実績1

 平成5年より、紀州街道沿道を中心に、家屋修景に対する助成も行っています。

修景実績2

 毎年、地域内の方々のご協力のもと、歴史的な建築物の保全が図られるとともに、まちなみの連続性が高まっています。

修景実績3

 これからも、歴史的まちなみの保全に関して、みなさまのご理解とご協力をおねがいします。

 詳しくは、本町地区における家屋修景に関する手続きをご覧ください。