ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 市民課 > 年金をもっと増やしたい人は!  付加年金

本文

年金をもっと増やしたい人は!  付加年金

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2021年4月1日掲載

付加年金

国民年金の第1号被保険者の人は、付加保険料を納めることにより、将来受け取る年金額を増やすことができます。

付加保険料は1ヶ月400円です。

定額保険料(令和3年度は1ヶ月16,610円)とあわせると、1ヶ月17,010円の負担となります。

受け取るときの加算額は、200円×付加保険料を納めた月数です。

例えば付加保険料を5年間(60月)納めたとします。
     納めた保険料は400円×60月=24,000円です。
65歳で年金を受け取る時は200円×60月=12,000円/年が毎年受け取れます。
つまり年金を受け取り始めて2年で元が取れ、3年目以降は毎年12,000円の得になります。

デメリットは物価スライドに対応していないことです。

現時点の200円の価値が将来どうなるかは誰にも分かりません。

本体の老齢基礎年金は物価スライドにより、物価が上がれば受け取る年金額も上がり、物価が下がれば受け取る年金額も下がりますが、付加年金は物価スライドしないので200円のままです。


加入は申し出のあった月からとなります。手続きの際は、年金手帳をお持ちください。


また、年金を大きく増やしたい人は国民年金基金の加入をお勧めします。

国民年金基金はライフプランに応じて加入口数や年金の種類を選択することができます。

国民年金基金は、老齢基礎年金に上乗せする公的な年金です。


なお、保険料を免除されている人、国民年金基金に加入中の人は、付加保険料を納めることはできません。


Danjiri city kishiwada