ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 上下水道局 > 上水道工務課 > 鉛製給水管について

本文

鉛製給水管について

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2019年12月2日掲載

鉛製給水管 

 鉛管はやわらかい素材で加工・修繕がしやすく、また、さびにくいといった特性があるため、近年まで全国的に使用されてきました。

 しかし、水漏れの多さや水の安全性への配慮が求められるようになりました。

 本市上下水道局はこれら課題に対応するため、平成元年以降は塩化ビニル管やポリエチレン管などの新しい配管材料を採用しています。

鉛管の使用範囲

鉛製給水管を使用されているお客さまへ

水質の基準 

 水道水中の鉛濃度は、国が定めた基準により「生涯にわたって毎日飲み続けても健康には問題のないもの」として水道水1リットル当たりに鉛が0.01ミリグラム以下となっています。

 鉛製給水管を使用されていても、通常の使用では健康に影響はありませんので、安心して使用いただけます。

朝一番に使う水は飲み水以外に

 朝一番や、旅行などで長期間使用しなかった場合は、水道水中の鉛濃度が高くなることがありますので、念のため使用開始の直前に、バケツ1杯くらいを飲み水以外にご使用ください。

   長期間使用しなかった水道水の扱い

鉛製給水管の取替えについて

 給水管は、メーターを除いてお客さまの費用で設置された個人財産です。

 そのため、鉛製給水管の取替えはお客さまの負担で行っていただく必要があります。

お客さまで取替えるには

 鉛製給水管を取替えるには、「岸和田市指定給水装置工事事業者(水道工事店)一覧表 」をご確認いただき、岸和田市指定の給水装置工事事業者へ依頼してください。

 取替え工事はお客さまの負担で行うことになりますので、家屋の立替えや改築の際には、同時に取替えを行うことをおすすめします。

鉛管メーター前後使用状況

 上下水道局の取組み

鉛製給水管をご使用のみなさまへの個別周知

 鉛製給水管をご使用になっているお客様には、上下水道局で調査したうえで『鉛製給水管をご使用のみなさまへ』を配布しています。

     鉛製給水管をご使用のみなさまへ

鉛製給水管の取替え

  上下水道局では以下の場合において鉛製給水管の取替えを行っています。

  • 他事業の道路舗装時にあわせて取替え
  • 配水管布設替時にあわせて取替え
  • 難検針解消時にあわせて取替え

Danjiri city kishiwada