ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 自治振興課 > 第30回 被爆地・ヒロシマへの平和バス」で広島へ平和学習に行ってきました。

第30回 被爆地・ヒロシマへの平和バス」で広島へ平和学習に行ってきました。

印刷用ページを表示する 2019年7月23日掲載

平成2年度より「被爆地・ヒロシマへの平和バス」事業を実施しています。
 広島では、「原爆資料館」や「平和記念公園」を見学したり、参加者で作った千羽鶴を平和記念公園にある折鶴ブースに手向けたり、被爆者の方による「体験講話」を受講するなど行っています。

令和元年度 第30回「被爆地・ヒロシマへの平和バス」

 令和元年度の平和バスは、40名が参加し、7月21日(日曜日)から22日(月曜日)に1泊2日で広島市を訪問しました。参加者は大人(中学生以上)21名、小学生19名でした。

原爆ドーム前集合写真 原爆ドーム前

7月21日(日曜日)の朝7時に市役所前から出発しました。休憩をはさみながら一路広島市へ。12時頃広島市へ到着し、原爆ドーム前のホテルで昼食を食べました。その後参加者全員で原爆ドームの前で記念撮影をしました。

慰霊碑前 原爆の子の像前

 昼食後、平和記念公園の中にある原爆の子の像、慰霊碑などの前で、像が建てられた経緯や意味などをバスガイドさんに説明していただきました。

平和記念公園内1 原爆死没者慰霊碑前

平和記念公園内にある、平和記念資料館を見学し、原爆のもたらした悲劇、命の大切さを学習しました。

交流会平和への想い 交流会平和宣言練習

 資料館を見学した後は、宿泊施設の夕食会場で交流会を行いました。
 交流会では夕食を食べながら、参加者の皆さんにそれぞれ平和への想いなどをお話していただき、交流を深めました。
 皆さんが様々な想いをもってこの平和バスに参加していることがよくわかりました。
 小学生の皆さんは次の日の予行演習などをしました。

千羽鶴手向け 折鶴手向け2

 2日目は、原爆の子の像の前で、参加者の皆さんが平和バス当日までに作っていただいた千羽鶴、昨年度の非核平和資料展で来場者の皆さんに折っていただいた折鶴を折鶴ブースに手向けました。その後、参加者全員でお祈りしました。

平和の誓い朗読 平和の誓い朗読2 

平和記念公園内の原爆死没者慰霊碑の前で黙とうし、平和の誓いを朗読しました。

献花 平和の誓い祈り

朗読の後、小学生が代表して、慰霊碑に花輪を手向けました。その後、参加者全員で慰霊碑の前で冥福を祈りました。

被爆体験講和 被爆体験講和2

平和記念資料館内で、当時の原爆投下直後の記録映像を観た後、7歳のときに被爆された方の被爆体験講話を受講し、参加者の皆さんは熱心に聞き入っていました。講話の後、全員で記念撮影をしました。

お好み焼き体験 お好み焼き体験2

その後、みんなで広島焼きづくり体験をしました。子ども達は慣れないながらも作り方を教えてもらいながら、広島焼きづくりを楽しんでいました。

みんなで広島焼きを食べた後は、一路岸和田に向かい、岸和田市役所前で解散しました。