ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 子育て施設課 > 10月から幼児教育・保育の無償化スタート

10月から幼児教育・保育の無償化スタート

印刷用ページを表示する 2019年7月8日掲載

幼児教育・保育の無償化

・ 保育所(園)・認定こども園・幼稚園等を利用する、3歳から5歳児クラスの子どもたち、住民税非課税世帯の0歳から2歳児クラスまでの子どもたちの利用料(保育料)が無料になります。

※ 幼児教育・保育の無償化は2019年10月1日開始予定の消費増税による財源を活用し、全世代型社会保障制度の一つとして実施するものです。

無償化の時期

・ 2019年10月1日(予定)

 対象者

・ 保育所(園)・認定こども園・幼稚園等を利用する3歳から5歳の全ての子どもたち

・ 住民税非課税世帯に属する0歳から2歳までの子どもたち

対象施設・サービス

・ 保育所(園)・認定こども園・幼稚園等に加え、地域型保育事業、企業主導型保育事業(標準的な利用料)も同様に無償化の対象。

幼稚園の預かり保育

・ 対象となるためには、お住まいの市町村から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

・ 幼稚園の利用に加え、利用日数に応じて、最大月額1.13万円までの範囲で預かり保育の利用料が無料になります。

認可外保育施設等

・ 対象となるためには、お住まいの市町村から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

・ 3歳から5歳までの子どもたちは月額3.7万円まで、0歳児から2歳までの住民税非課税世帯の子どもたちは月額4.2万円までの範囲で利用料が無料になります。

・ 認可外保育施設に加え、一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業も対象となります。

就学前の障がい児の発達支援

・ 就学前の障がい児の発達支援を利用する3歳から5歳までの子どもたちの利用料が無料になります。