ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康推進課(保健センター) > 飼い犬登録と狂犬病予防注射について

飼い犬登録と狂犬病予防注射について

印刷用ページを表示する 2017年8月1日掲載

飼い主の皆さんへ

なぜ飼い犬登録や狂犬病予防注射が必要なの?

室内で飼っていて外に出ない小型犬に注射が必要なの?

飼い犬登録手数料

狂犬病予防注射済票交付手数料

平成29年度狂犬病集合予防注射について

集合注射終了後の予防注射について

岸和田市内の動物病院

鑑札・済票の装着について

飼い犬登録変更(死亡)届けについて

犬に関する苦情・放浪犬の捕獲・犬の譲渡申請・犬の引き取り等について

飼い主の皆さんへ

  • 飼い犬には、社会生活に適応できるよう、しっかりしつけを行いましょう。
  • 犬はつないで飼いましょう。昼夜・散歩中を問わず、放し飼いはやめましょう。
  • 犬を抑えることができる飼い主が、ロープや鎖等でつないで散歩しましょう。
  • 飼い犬の糞の処分は、飼い主の手で責任をもっておこないましょう。
  • 犬の飼育場所は清潔にしましょう。
  • 生まれてきた子犬を不幸な目に合わせないために、望まない妊娠を防ぎましょう。
  • 犬を飼えなくなった場合は、必ず新しい飼い主を探してください。

なぜ飼い犬登録や狂犬病予防注射が必要なの?

「狂犬病」は人畜共通感染症のひとつで、医療技術が進歩した現代でも世界中で多数発病し、毎年5万数千人が死亡している恐ろしい病気です。
特に近年では諸外国より様々な動物がペットとして日本に輸入されているという現状があり、いつ国内で狂犬病が発生してもおかしくない状況になっています。
生後91日以上のすべての犬(室内犬・小型犬を含む)の所有者は、狂犬病予防法により、生涯1回の飼い犬登録と、毎年1回(原則4月1日~6月30日までに)狂犬病予防注射を受けさせることが義務付けられています(期間中に受けられない場合は、動物病院で狂犬病予防注射を必ず受けてください)。

室内で飼っていて外にでない小型犬に注射が必要なの?

近年、日本国内における狂犬病予防注射の接種率が年々下がってきています。
予防注射の接種率が下がっている状況では、海外から狂犬病が進入した場合、人や犬に病気が蔓延し、野生動物にまで病気が広がる可能性がありますので、室内犬・小型犬の飼い主も狂犬病の予防注射を必ず受けるようにしましょう。

飼い犬登録手数料

新規飼い犬登録手数料

3,000円

犬の鑑札の再交付手数料

1,600円

生後91日以上の犬の所有者は、飼い犬の登録(生涯1回)が必要です。
登録は保健センター(健康推進課)及び市内の動物病院で受け付けています。

狂犬病予防注射済票交付手数料

注射済票交付手数料550円
注射済票再発行手数料340円

平成29年度狂犬病集合予防注射について

平成29年度狂犬病集合予防注射は終了しました。

集合予防注射終了後の予防注射について

集合予防注射期間終了後は、保健センターよりお送りした『狂犬病予防注射のご案内』をお持ちのうえ、動物病院で注射を受けてください(動物病院での注射料は、各動物病院にお問い合わせください)。ただし、下表の動物病院以外で注射した場合は、注射済証(領収書)をお持ちのうえ、保健センターで注射済票の交付を受けてください。

岸和田市内の動物病院 

動物病院名所在地電話番号
アーサー動物病院
八阪町1丁目5番42号
437-8048
いしづか動物病院
藤井町1丁目12番13号
430-4666
うえの愛犬クリニック並松町8番17号438-1398
加藤動物病院
春木若松町12番30号
438-6350
ガーデン動物病院大町121番地の3440-0689
きむら動物病院流木町324番地の11427-8039
くめだ池どうぶつ診療所額原町400番地の15424-6510
さとう動物病院
土生町8丁目23番30号
420-5818
ときわ動物病院下松町3丁目4番1号493-6710
ハニー動物病院
野田町2丁目5番25号
430-0507
東岸和田動物病院
土生町2丁目30番15号
438-7878
益岡獣医科病院荒木町2丁目19番1号445-1990
 

鑑札・注射済票の装着について

交付された鑑札は、狂犬病予防法により飼い犬に着けるように義務付けられています(注射済票も同様です)。

鑑札を着けることで、迷い犬として保護された場合でも容易に飼い主を捜すことができます。

飼い犬登録変更(死亡)届けについて

転入・死亡など登録内容に変更がある場合は、保健センターまで届け出てください(まずは電話でお問い合わせください)。
変更届 [Wordファイル/36KB

変更届 [PDFファイル/80KB]

市外に犬が転出した時は、転出先の市町村に鑑札をお持ちの上、手続きをしてください。

飼っている犬の所在地が他市町村から岸和田市へ変更になった場合は、保健センター(健康推進課)又は狂犬病集合予防注射の会場へ、前所在地で交付された鑑札をお持ちください。無料で当市の鑑札をお渡しします。(鑑札を紛失された場合は、鑑札再発行手数料として1,600円が必要となります)

犬の引き取り・犬に関する苦情・放浪犬の捕獲・犬の譲渡申請等について

飼い始めた犬は、終生面倒を見るのが飼い主の責任です。引っ越し等で飼えなくなった時や、新たな飼い主が見つからずに、どうしても飼い続けることが出来ない場合の引き取りは、動物愛護管理センター 泉佐野支所(泉佐野市上瓦屋583-1 電話:072-464-9777)へお問い合わせください。

犬に関する苦情・放浪犬の捕獲・犬の譲渡申請等についても、動物愛護管理センター 泉佐野支所へご相談ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)