ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会フォトニュース > 平成23年1月29日 もちつき大会を通して地域との交流を深めました(天神山小学校)

平成23年1月29日 もちつき大会を通して地域との交流を深めました(天神山小学校)

印刷用ページを表示する 2011年2月14日掲載

もちつきをしている写真です  おもちをまるめている写真です  おもちを食べている写真です

天神山小学校では、毎年1月の最後の土曜日に学校とpta、市民協議会が連携して餅つき大会を行います。地域の多くの方の善意によって支えられ、日頃からお世話になっている方々や、地域で様々な活動をしてくださっている方々と子ども達とが交流を深めていく行事です。また、子どもたちが、「餅つき」を通して昔のくらしに触れることをねらいとする行事でもあります。前日から準備をして、いよいよ当日の朝、市民協の方が、段取りよく餅米を蒸して臼に入れつく準備をしてくれました。子どもたちが一緒になってお餅をつきました。ついたお餅を3年生の保護者やpta実行委員さんたちがお餅をまるめてくれました。つきたてのお餅を食べた子どもたちは、とてもうれしそうに「おいしい。ありがとう。」と感謝の気持ちを伝えていました。子どもたちが地域の方々へ感謝の気持ちを伝えたり、交流を深めたりすることができました。