ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 予防課 > 在宅酸素療法における火気の取り扱いについて。

在宅酸素療法における火気の取り扱いについて。

印刷用ページを表示する 2010年10月6日掲載

在宅酸素療養中に喫煙し火災が発生!!

 酸素自身は燃えません。しかし燃焼には不可欠な支燃性ガス(燃焼を助ける性質)の為、小さな火種でも急激に燃え上がります。
 療養中に喫煙が原因でチューブや衣服などに引火し、重度の火傷や住宅火災になるといった事例があります。

守って下さい!!

 酸素吸入中に火気は取り扱わない!
 酸素吸入中は禁煙!! 絶対にタバコは吸わない!
 喫煙中の人に近寄らない!