ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 予防課 > 危険物施設災害合同消防訓練の実施

危険物施設災害合同消防訓練の実施

印刷用ページを表示する 2013年6月6日掲載
危険物安全週間に伴い、官民一体となり危険物施設の災害合同消防訓練を実施しました。

災害合同消防訓練

目的

 この訓練は、危険物を取扱う事業所の危険物災害に対する防災行動力の強化と消防隊と自衛消防隊との連携技術を確立し、この種の災害に対する戦術の向上に資することを目的としています。

日時・場所

平成25年6月5日 10時から11時

岸和田市臨海町18番地 出光興産(株)岸和田油槽所内

参加人員

消防本部員 消防長以下 25名

出光興産(株) 岸和田油槽所 所長以下 30名(応援協定各社含む) 

応援協定各社 物流ネットワーク関西(株) 興神運輸(株) (株)太陽コーポレーション 覚野石油(株) ヒラオカ石油(株) 関西アストモスガス(株)

想定

震度5の地震が発生し、それに伴い、石油をローリーに積み込むプラントからの出火。

内容

地震発生から自己防衛に始まり、油槽所の緊急作業停止措置、緊急点検、負傷者の救護、防消火訓練等を応援協定先各社と消防機関と連携し行った。

実施風景

石油をローリーに積み込むプラントより出火
石油をローリーに積み込むプラントより出火

消防車が現場へ出場
      消防車が現場へ出場

訓練風景3
化学車のクロスファイヤー(泡放水システム) 

訓練風景4
     自衛消防隊による泡放水

訓練風景6
     化学車による泡放水

訓練風景7
はしご車による高所からの泡放水

訓練風景5
   はしご車による高所からの泡放水

訓練風景8
 耐熱服を装着した消防隊によるガス検知作業

訓練風景10
      消防長による訓練の講評