ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 消防本部総務課 > 忠岡町との消防指令業務の共同運用を検討しています

忠岡町との消防指令業務の共同運用を検討しています

印刷用ページを表示する 2020年1月15日掲載

概要

 岸和田市と忠岡町は令和3年4月1日スタートを目途に消防指令業務の共同運用を検討しています。
 ※ 消防指令業務とは、火災や救急事案の119番通報を受けた指令員が、必要な消防車両を災害現場に出場させる業務です。
   8084    8085

期待できる効果

★両市町の住民サービスの向上
 119番通報が集中した場合に、下記の対応を行うことで住民サービスの向上が期待できます。
  (1) 市町の境界付近で発生した災害では、消防の管轄にとらわれず現場に最先着できる隊に自動的に出場指令を行うことが可能となり、これまで以上に迅速な対応ができます。
  (2) 一方の消防本部において救急集中時に出場可能な隊がなくなった場合に、自動的にもう一方の消防本部の隊に出場指令を行うことができます。
★財政上の効果
  (1) 消防指令センターを共同で整備することで単独で整備する場合に比べ、初期的経費については国の財源措置があるため、両市町ともに負担軽減を図ることができます。
  (2) 現状の岸和田市の通信指令員の体制人数のまま岸和田市・忠岡町の通信指令業務を行うことができると予想されるため、効率的な人員配置を図ることができます。
イメージ図

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)