ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生涯学習部生涯学習課 > 公民館を利用した「まちづくり」アイデア大募集!!

公民館を利用した「まちづくり」アイデア大募集!!

印刷用ページを表示する 2018年5月17日掲載

地域の課題や、ニーズに応えることを目的とする企画であれば何でもOk。例えば、環境、人権、教育、子育て、防災、世代間交流などなど。あなたのアイデア応援させてください!

岸和田市まちづくり実践プロジェクト事業募集(表紙 [PDFファイル/426KB]本文 [PDFファイル/355KB]

1. “まちづくり実践プロジェクト”とは

地域活動や市民活動を活性化するとともに、より良い地域づくりにつなげることを目的として、市民の生活課題や地域課題を掘り下げ、解決するための「生涯学習を生かした取り組み」を公募し、優れた事業に対して、岸和田市と委託契約を結び実施する事業です。

3. 募集する内容

市民の生活課題や地域課題を解決することを目的とした講座、イベント等とします。また、講座、イベントの実施にあたって、主として岸和田市立公民館及び地区公民館・青少年会館を利用するものとします。なお事業委託は単年度契約とし、同一団体による同一事業での応募は過去に採用された事業も含め、3年を限度とします。

4. 応募対象団体

おおむね岸和田市民で構成され、岸和田市内で活動する、またはこれから活動を計画している団体、もしくは岸和田市の地域課題解決に興味のある市外の団体(両団体とも5名程度以上の団体)。NPO法人も可。ただし、以下に該当する団体は応募できません。

(1)営利・宗教・政治を目的とする団体
(2)暴力団排除条例第11条に基づき、暴力団員又は暴力団密接関係者に該当すると認められる場合

 5. 委託料

上限を20万円とし、応募時に提出いただく事業予算書の「事業経費」合計額を委託料とします。

6. 対象経費

(1)消耗品費
印刷用紙、コピー用紙など。

(2)印刷製本費
ポスター・チラシ・レジュメ・資料等の印刷費、写真現像代など。

(3)手数料
振込手数料、クリーニング代など。

(4)通信運搬費
切手、はがき代など。

(5)謝金
外部講師の場合、団体で講師謝礼を決定してください。下記は公民館での講師謝礼の標準例となります。

区     分

謝金上限額

大学教職員、医師、弁護士、作家、評論家等

20,000円

各種研究家、公民館講師、高校教職員、行政職員(国・都道府県・他市)等

10,000円

市民団体構成員等

5,000円

保育者

2,000円

(6)人件費                                                                                 講座、イベント等の周知・運営にかかる実施団体構成員の人件費。積算にあたっては時間単価1,500円/1Hを標準とし、時間単価×作業時間×作業人数を積算内訳に記載してください。また団体構成員が講座、イベントの講師を務める場合は、謝金相当の人件費単価を5,000円/1回を標準とし、積算内訳に回数×単価を記載してください。

なお講座、イベント等の周知・運営等を実施団体が無償で行う場合は人件費を計上する必要はありません。                                                                              

(7)事業実施時の使用料・賃借料                                                                   岸和田市立公民館または地区公民館・青少年会館を除く施設を使用する場合に対象とする。スタッフ用の入場料など。ただし、参加者の入場料等は参加者より徴収すること。

(8)諸経費                                                                                上記経費以外で必要となる経費。予算書の積算内訳に具体的に記入してください。

7. 委託事業対象期間

平成30年8月15日から平成31年3月31日までの期間に実施される事業を対象とします。(広報きしわだ8月号掲載事業が最も早いスケジュールとなります。)

8.応募書類

下記の応募書類一式に必要事項を記入の上、募集期間内に提出してください。

(1)企画提案書(様式第1号) 【PDF形式 [PDFファイル/61KB]】【EXCEL形式 [Excelファイル/14KB]
  企画提案書(様式第1号)書き方マニュアル 【PDF形式 [PDFファイル/119KB]

(2)事業予算書(様式第2号) 【PDF形式 [PDFファイル/45KB]】【EXCEL形式 [Excelファイル/12KB]

(3)団体概要書(様式第3号) 【PDF形式 [PDFファイル/34KB]】【EXCEL形式 [Excelファイル/11KB]

(4)構成員名簿(様式第4号) 【PDF形式 [PDFファイル/29KB]】【EXCEL形式 [Excelファイル/11KB]

(5)定款または規約、会則その他これらに準ずるもの

※提出書類は返却いたしません。必要な場合は、コピーをとってからご提出ください。

9. 募集期間・提出先

(1)募集期間
平成30年4月1日(日曜日)から5月20日(日曜日)午前9時から午後5時まで(月曜・祝日は除く)

(2)提出先
岸和田市教育委員会生涯学習課(岸和田市立公民館内)
〒596-0072 岸和田市堺町1-1

(3)提出方法                                                                              原則、持参とする。(休館日(月・祝日)を除く午前9時から午後5時まで)                                                                                                    郵送の場合は、平成30年5月20日午後必着とする。

10.募集内容にかかる質疑(受付は終了しました)

募集要項に関する質問等がありましたら、下記期間、方法により質問をお願いします。                        

(1)受付期間:公募開始日から平成30年5月13日午後5時必着                                               (2)提出方法:質問書(様式は任意)にて提出。Faxまたは電子メールの場合は、必ず電話で送信した旨を担当部署へ伝えてください。                                                                              (3)回答日時:平成30年5月17日                                                                   (4)回答方法:回答はホームページに掲示し、個別に回答しませんのでご注意ください。

10-1 募集内容にかかる質疑の回答について

質問書の提出はありませんでした。

11.選考方法

書類提出ののち、応募者による公開プレゼンテーションを実施し、応募書類およびプレゼンテーションの内容を、外部有識者及び選考委員が選考基準に基づいて、総合的に評価します。
その評価をもとに、委託事業を決定します。
平成30年度は、まちづくり実践プロジェクト事業予算50万円の範囲内で、5~6事業程度を想定しています。

(1)公開プレゼンテーション

日程:平成30年6月3日(日曜日)集合 午後1時

場所:岸和田市立公民館4階 多目的ホール

 (ア)発表時間は、1団体10分以内(時間厳守)です。ただし、発表準備は5分以内とします。その後、外部有識者及び選考委員からの質疑応答があります。

 (イ)発表方法は自由です。応募時に発表方法をお知らせください。

 (ウ)公民館で準備できる物品は、ホワイトボード、プロジェクター、スクリーンです。ただし、ネットワーク接続はできません。

 (エ)発表の順番は応募書類提出時にお伝えするとともに、応募受付締切後、岸和田市公式ウェブサイトで公表します。

 (オ)公開プレゼンテーション当日は、午後1時に全団体ご集合ください。全団体のプレゼンテーション終了後、解散します。

(2)選考項目について

 (ア)下記の項目について、外部有識者及び選考委員が評価し、点数をつけます。点数が6割に満たない事業は、委託候補になりません。

●最低条件項目

項目(大)

項目(小)

チェックポイント

まちづくり実践プロジェクトに該当するか

課題のとらえ方

市民が抱える生活課題や地域が直面する地域課題に関わるテーマか。

事業理解

事業の趣旨が把握できているか。

事業軸

生涯学習を生かした事業か。

●選考にあたっての項目

項目(大)

項目(小)

選考にあたってのポイント

配点

提案事業に関し、取り組む課題は何か

課題把握

(1)社会全体でのぞむ必要がある課題かどうか。

5点×2

(2)課題を取り巻く現状が把握できているか。

5点

地域適合性

(3)岸和田市で行う優先事項であるか。

5点

提案事業の内容

独自性

(4)オリジナリティはあるか。新たな視点・発想から提案されたものであるか。

5点×2

対象者の明確性

(5)参加者のターゲットは明確にされているか。

5点

参加人数

(6)提案事業に多くの人が参加することは見込めるか。

5点

情報発信

(7)情報発信・Prは広く行われるか。

5点

費用対効果

(8)費用対効果はあるか。

5点

予算の妥当性

(9)対象経費の内容、経費の積算は妥当であるか。また、効率的な執行により、コストが抑えられているか。

5点

事業実現性

(10)実行可能な方法、スケジュール、予算で事業計画が立案されているか。

5点

事業手法の妥当性

(11)課題解決に有効なプログラムになっているか。

5点×2

どうなったら、その課題は解決するのか

目標設定

(12)目標が明確化されているか。

5点

事業成果

(13)事業を行うことで、地域に変化が生まれるか。

5点×2

継続性

(14)委託事業が終わった後も、市内に拠点を置き市内での自立的な事業展開や発展的な取り組み、継続的な実施をするか。

5点

全体

公益性

(15)より多くの市民に理解してもらえるか。共感を得られるか。

5点×2

11. 選考結果の通知と委託契約

(1)選考結果の通知
  選考結果は、書面で応募者に通知するとともに、岸和田市公式ウェブサイトで公表します。

(2)委託契約
  事業を選定された団体と委託契約を結びます。委託料は、契約締結後、原則前払いです。

12. 事業実施について

(1)広報きしわだへ掲載依頼
  委託事業の開催について、広報きしわだへ掲載依頼を行います。依頼は、岸和田市教育委員会生涯学習課を通じて行いますので、広報きしわだ掲載号の2か月前を目安に生涯学習課へ原稿を提出してください。

(2)まちづくり実践プロジェクト事業Pr
  より広く、多くの市民のみなさまに向けて、Prをお願いします。チラシ等やインターネット上で発信する際も、事業名等を入れてください。

(3)施設の利用
  契約締結後、希望する施設に直接、申し込みをしてください。

(4)事業アンケートの実施
  委託事業の開催にあたり、参加者に対しアンケートをとり、実績報告の際に、一緒に結果を報告してください。

13. 事業実施後の実績報告について

委託事業終了後1か月以内に、実績報告書(様式第5号)を提出してください。ただし、平成31年3月1日以降に事業が終了する場合は、平成31年3月31日までに提出してください。なお、委託事業の様子を記録し、写真を実績報告書に添付してください。

 実績報告書(様式第5号)はこちら  【PDF形式 [PDFファイル/53KB]】【EXCEL形式 [Excelファイル/13KB]

14. 事業報告会

事業報告会を考えておりますので、ご参加ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)