ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 暮らしの情報 > 防災・防犯 > 風水害対策 > 【台風関連】台風接近前に水道水を備蓄しましょう!

【台風関連】台風接近前に水道水を備蓄しましょう!

印刷用ページを表示する 2018年9月29日掲載

停電による断水に備えましょう

台風21号に伴う停電で、高架水槽等、電力を要する建物内(マンション・団地等)については断水が発生しました。
台風24号の接近に伴い、同様に停電により水道水が出ない場合に備え、飲料水や生活用水を備蓄しておきましょう。

水道水の保存方法

水道水を保存する場合は以下の事項に注意しながら行ってください。
(1)手をよく洗う。(手についている細菌が入らないよう)
(2)器は密栓できるものを選び、水道水で洗う。
(3)空気が残らないよう容器に満水になるまで水を入れ栓をする。
(4)日光の当たらない涼しい場所に保管する。
(5)保存期間は、夏季で3日間、冬季で5日間が目安です。
 あくまでも目安ですので、期間内でも開封した場合は、なるべく早めに使用し、定期的に入れ替えてください。
 保存期間の過ぎたものはなるべく飲用以外にご使用ください。
(6)飲用時は可能であれば、煮沸してください。
【注意】煮沸した水や家庭用浄水器を通した水は残留塩素がなくなり、消毒効果もなくなりますので、保存には向きません。

人は1日3リットルの飲料水が必要と言われています。日頃からご家庭の人数に合わせて、飲料水、生活用水の備蓄を行いましょう。