ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 企画課 > 市民意識調査について

本文

市民意識調査について

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年6月12日掲載

令和2年度 市民意識調査のお願い ~あなたの意見をお聞かせください~

 令和2年度市民意識調査を実施します。調査票を送付しましたので、お手元に届いた方は、お手数ですがご協力をよろしくお願いいたします。

市民意識調査の目的

 本調査は、市内にお住まいの15 歳以上の方を対象に、地域の課題や市が取り組んでいる施策に対する市民意識を調査・分析し、今後の岸和田市のまちづくりの参考資料とするためのものです。

 平成17年度~平成19年度にかけては、「第3次岸和田市総合計画」の施策体系の下に実施され、平成22年度以降は、「第4次岸和田市総合計画(岸和田市まちづくりビジョン)」の施策体系の下に実施しているものです。

 具体的には、市民の声を積極的に市政に反映させ、市民との協働によるまちづくりを更に推進するため、市民がこれまで取り組んできた施策に満足しているか(「満足度」)、また、今後、市がどのような施策に更に力を注いでいくべきであると感じているか(「重要度」)についての調査、その取組の成果を計る『物差し』としての指標(「成果指標」)の進行管理を行うための調査です。

 本調査は、限られた財源の中で、効果的・効率的に資源配分をしていくための参考資料とするためのもので、調査の結果は、行政サービスの向上につなげるとともに、様々な計画や予算等に反映させることを目的としています。

市民意識調査の実施方法

 無作為に抽出した市内に在住している約4,000人の男女(15歳以上75歳未満)にアンケート用紙及び返信用封筒を郵送し、無記名でのご回答をお願いしています。

これまでの市民意識調査の結果

「市民意識調査 結果報告書 別冊(2012~2016)」の公表について

本市では、毎年度市民意識調査を実施し、年度ごとに「市民意識調査 結果報告書」を公表していますが、この度、校区ごとの分析を行った「市民意識調査 結果報告書 別冊(2012~2016)」を作成しましたので公表します。
これにより、より地域に根差したまちづくり施策の検証及び更なる推進を図るとともに、地域自らの気づきのきっかけとなることが期待されます。

なお、本報告書における分析は、平成24年度~平成28年度の調査結果をもとに実施しています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Danjiri city kishiwada