ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 丘陵地区整備課 > フクロウの森再生プロジェクト 活動一覧

フクロウの森再生プロジェクト 活動一覧

印刷用ページを表示する 2015年7月10日掲載

フクロウの森再生プロジェクト 活動の経過

里地里山環境が残る丘陵地区では、豊かな自然の象徴であるフクロウが生息しています。
しかし、現在、放棄耕作地の増加や、放置竹林の拡大などにより、その生息環境が荒廃しつつあります。

「フクロウの森再生プロジェクト」とは、これら放棄耕作地や放置竹林を適正に管理し、良好な里地里山環境の形成を目指す取り組みの総称です。

フクロウ アドプト活動 竹食器


丘陵地区に棲むふくろうの様子

ふくろうってどんな鳥?

フクロウの森再生プロジェクト活動

企業参画型活動(アドプトフォレスト)

アドプトフォレスト制度の目的

地球温暖化防止や生物多様性確保のため、事業者等の参画により、放置された人工林や竹林など荒廃した森林を広葉樹林化します。

詳細は大阪府ホームページ内、アドプトフォレストにて。(外部リンク)

これまでの情報発信

ギャラリー 図書館展示