ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > まちづくり推進部 > 市街地整備課 > 「交通まちづくりアクションプラン【基本計画編・公共交通編】(案)」に対する意見公募の内容と市の考え方

本文

「交通まちづくりアクションプラン【基本計画編・公共交通編】(案)」に対する意見公募の内容と市の考え方

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2017年10月20日掲載

 岸和田市では、目指すまちの姿を実現させるための交通面からの施策を推進するため「岸和田市交通まちづくりアクションプラン【基本計画編・公共交通編】」の策定を進めています。この計画は「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」第5条に規定する「地域公共交通網形成計画」に該当する計画となります。策定にあたり、「岸和田市交通まちづくりアクションプラン【基本計画編】【公共交通編】(案)」について、市民の皆様のご意見を公募したところ、1名の方からご意見をいただきました。お寄せいただいたご意見の内容と市の考え方を公表します。

1.公募対象

岸和田市交通まちづくりアクションプラン【基本計画編・公共交通編】(案) [PDFファイル/19.08MB]

2.意見募集の告知について

広報きしわだ9月号にて告知

市ホームページ(平成29年9月11日~平成29年10月11日)に掲載

市役所広報広聴課情報公開コーナー、市街地整備課、各市民センター、山滝支所にて閲覧資料を設置

3.意見募集期間

平成29年9月11日(月曜日)~平成29年10月11日(水曜日)

4.意見の提出方法

意見公募用紙に、住所、氏名、電話番号、計画案に対するご意見を記入の上、直接または郵送、ファックス、インターネット(電子メール)にて提出いただきました。

5.ご意見の内容と市の考え方

 ご意見の内容 本市の考え方
1 既存の計画(泉州山手線延伸等)を即時遂行する事をお願いしたい。
南大阪の鉄道は全て大阪市内から放射状にしか伸びておらず、それらを横に繋ぐ鉄道はありません。
大阪府や近隣自治体と協力し、「河内長野駅」から和泉市・岸和田市を通り「りんくうタウン駅」へ繋ぐLRTを建設してはどうか。南海本線、南海高野線、泉北高速線、JR阪和線、近鉄長野線が1本で連絡できれば利用者も見込めると思います。自転車を持ち込める車両を導入することにより、自転車で岸和田からりんくうタウンやららぽーと和泉に行けるようになり、自動車を減らす事もできます。
またそれと平行する形で自転車専用道路と歩道を設ける。自動車の排ガスが無い電車と自転車という環境に優れた道になります。途中に高速道路のサービスエリアのようにトイレやコンビニを備えた休憩所等があると良いでしょう。
広域連携軸の強化は必要だと認識しております。本計画においても「鉄道・自動車の交通ネットワークの機能強化を図り、広域拠点へのアクセス性の向上、都市間の連携強化、観光地へのアクセス性の向上を図る」としております。本計画は公共交通に関する施策を取りまとめたものですが、自転車道につきましては、別途検討してまいります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Danjiri city kishiwada