ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > まちづくり推進部 > 市街地整備課 > 「岸和田市交通まちづくりアクションプラン【自転車活用推進計画編】(案)」に対する意見公募の内容と市の考え方について

本文

「岸和田市交通まちづくりアクションプラン【自転車活用推進計画編】(案)」に対する意見公募の内容と市の考え方について

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2022年3月10日掲載

「岸和田市交通まちづくりアクションプラン【自転車活用推進計画編】(案)」に対する意見公募の内容と市の考え方について

「岸和田市交通まちづくりアクションプラン【自転車活用推進計画編】」を策定するにあたり、令和4年1月11日から令和4年2月10日まで意見聴取(パブリックコメント)を実施しました。
期間中、1名の方から貴重なご意見をいただきました。ご協力をいただきありがとうございました。
そのご意見の要旨と市の考え方について公表します。

「岸和田市交通まちづくりアクションプラン【自転車活用推進計画編】(案)」の意見聴取とりまとめ
No. ご意見の内容 市の考え方
1  旧26号線のように全ての道路に自転車専用道路を設け、JRや南海とも協力して電車やバス等に自転車をのせれるようにすれば老若男女問わず牛滝山付近や岸和田城付近などで健康維持の為に自転車を活用すると思う。

  本市では、歩行者安全対策の一環として、空間的制約のあるなか、自転車や歩行者を自動車から分離することによる安全確保のために、自転車歩行者道等の整備を中心に取組みを進めてまいりました。
旧26号線のように全ての道路に自転車専用道路を設けてはどうかというご提案については、歩行者の通行空間が確保できる路線において、国が作成した「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」に示された整備形態により、自転車通行空間の創出することに致しております。
健康維持のため、自転車を電車やバスなどの公共交通機関に載せてはどうかというご提案について鉄道事業者に問合せしたところ、本市エリアでの運行路線については安全上の問題等があるため、自転車を車両にそのまま持ち込める「サイクルトレイン」の実施計画はないこと。また、自転車を駅・車内に持ち込む場合には、解体して専用の袋に収納したもの、または折りたたんで専用の袋に収納したものに限り、ご乗車頂けますとの回答でありましたので、ご理解のほど、宜しくお願い致します。

岸和田市交通まちづくりアクションプラン【自転車活用推進計画編】(案)に対する意見公募の内容と市の考え方 [PDFファイル/234KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Danjiri city kishiwada