ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・歴史 > 観光 > イベント > 逢香展「アマビエ」の書画を市役所新館2階に展示しました。

本文

逢香展「アマビエ」の書画を市役所新館2階に展示しました。

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年4月12日掲載

逢香展の「アマビエ」の書画を展示しました。

令和2年4月8日(水曜日)から岸和田城が臨時休場となったことに伴い、「妖怪書家 逢香展」も中止となりました。

逢香展のなかで、展示されていた「アマビエ」の書画を、逢香さんのご協力を得て、市役所新館2階のエレベーターホールに展示させていただくこととなりました。

エレベーターホール   逢香さん

*アマビエ・・・半人半魚の妖怪。江戸時代後期に肥後国に現れ、「疫病が流行ったら自分の姿を絵に描いて見せるように」と言い残して姿を消したと伝えられている。現在、厚生労働省の新型コロナウイルス感染拡大防止の啓発キャラクターにも起用されている。

書画の隣でマスクをしている女性が作者の逢香さんです。

市民の皆様も、新型コロナウイルス感染拡大防止対策に、ご協力よろしくお願いします。

 

なお、岸ぶら動画館(外部リンク)から、「逢香展」の様子が動画で見られます。是非、お楽しみください。

 


Danjiri city kishiwada