ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 子育て給付課 > 未熟児養育医療給付

未熟児養育医療給付

印刷用ページを表示する 2017年11月13日掲載

1未熟児養育医療給付制度とは

種々の未熟性があり、入院治療を必要とする乳児に対して、その治療に必要な医療費を公費で負担する制度です。養育医療給付をうけられるのは、全国の指定養育医療機関での入院治療に限られます。

なお、世帯の所得税額等に応じて、自己負担額が生じます。

2未熟児養育医療の対象者

岸和田市に住所を有する未熟児で、出生直後に次に掲げる(1)または(2)の症状を有し、医師が入院養育を認めた者が対象となります。

(1)出生時の体重

2,000g以下

(2)次に掲げる症状を示すもの

ア 一般状態

(a)運動不安・けいれん       (b)運動異常

イ 体温

摂氏34℃以下

ウ 呼吸器

       循環器

(a)強度のチアノーゼが持続

(b)チアノーゼ発作を繰り返す

(c)呼吸数が毎分50以上で増加傾向

 (d) 呼吸数が毎分30以下

(e)出血傾向が強い

エ 消化器系

(a)生後24時間以上排便がない

 (b)生後48時間以上嘔吐が持続

(c)血性吐物がある

(d)血性便がある

オ 黄    疸

(a)生後数時間以内に発生

(b)異常に強い黄疸のあるもの
(重症黄疸による交換輸血を含む)

3給付の内容

入院治療における診察・医学的処置・治療等に対して公費負担が受けられます。

ただし、健康保険が適用される医療費が給付範囲となりますので、保険適用外のものは対象外です。

4申請方法

未熟児養育医療給付制度のしおり(申請案内) をご確認いただき、必要書類を提出してください。

5必要書類

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)