ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 子ども家庭応援部 > 子ども家庭課 > 未熟児養育医療のよくある質問について

本文

未熟児養育医療のよくある質問について

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年4月1日掲載

未熟児養育医療を受ける場合の自己負担額を教えてください。

所得に応じた自己負担額が生じます。退院後、市より郵送する納付書でお支払い頂くため、医療機関窓口での自己負担はありません(ただし、健康保険対象外のものは実費負担となります)。なお、医療保険加入者であれば、子ども医療費助成との併用ができるため、自己負担額から子ども医療助成額を差し引いた額をお支払いいただくこととなります。自己負担額については未熟児養育医療給付制度のしおりをご参照ください。

未熟児養育医療の給付の範囲を教えてください。

入院における診察、医学的処置、治療等が給付の対象となります。ただし、健康保険が適用される医療費が給付範囲となるため、保険適用外のものは対象外となります。

未熟児養育医療の申請は、サービスセンターでも可能ですか?

未熟児養育医療の申請は、市役所子ども家庭課のみで受付します。サービスセンターで申請できません。

未熟児養育医療は、いつまでに申請すればいいですか?

入院開始から3週間以内に申請をしてください。ただし、3週間以内であっても退院後の申請はできません。必ず退院までの間に申請をしてください。

未熟児養育医療の医療券は、申請した日に受け取ることはできますか?

申請の約1週間後に医療券を郵送します。医療券到着後は速やかに入院している病院窓口へ提示してください(不備書類がある場合は不備が完了した後、医療券を郵送します)。

未熟児養育医療の申請書類の配布場所はどこですか?また、申請時の持ち物を教えてください。

市役所子ども家庭課で配布しています。また、ホームページでダウンロードしていただくことも可能です。必要書類は、未熟児養育医療給付制度のしおりをご参照ください。

どの病院で出産しても、未熟児養育医療の対象となりますか?

全国の指定養育医療機関での入院(他院で出産後、指定医療機関へ転院し入院した場合も含む)が対象となります。詳しくは、未熟児養育医療給付制度のしおりをご参照ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Danjiri city kishiwada