ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 子育て給付課 > ひとり親家庭への支援について

ひとり親家庭への支援について

印刷用ページを表示する 2017年4月1日掲載

児童扶養手当とは

ひとり親家庭で、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童(特別児童扶養手当を受給、または同等の障害の程度にある児童は20歳未満)を扶養している父または母または養育者に手当が支給される制度です。詳しくはこちらへ

ひとり親家庭医療助成制度とは

ひとり親家庭で、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童を扶養している父または母または養育者、およびその児童の入通院の医療費が助成される制度です。詳しくはこちらへ

ひとり親家庭自立支援事業について

ひとり親家庭や寡婦を取り巻く生活上の問題や、大阪府母子寡婦福祉資金の貸付相談、離婚前相談などについて、母子・父子自立支援員が相談に応じています。詳しくはこちらへ

母子生活支援施設について

配偶者のない女子、又はこれに準ずる事情のある女子及びその者の監護すべき児童(18歳未満)の入所と生活支援する制度です。詳しくはこちらへ。(子育て支援課のページ)