ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健部 > 健康推進課(保健センター) > 冷蔵保管期限を超過したワクチンの接種について

本文

冷蔵保管期限を超過したワクチンの接種について

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2023年6月14日掲載

 概要

 新型コロナウイルスワクチンの個別接種を実施している市内の3医療機関において、ファイザー社製ワクチンの取り扱いとして定められている冷蔵時の保管期限を1~91日超過したワクチンを、誤って117名の方に接種した事案が発生しました。

 ※ 保管期限を過ぎたワクチンを接種された方には、当該医療機関から電話及び文書で順次連絡しています。

◆問合せ先 岸和田市新型コロナワクチン接種コールセンター 電話:0570-077-664 

 原因

 不適切な在庫管理と、接種時の医師・看護師の確認不足という基本的なミスが原因であることが分かりました。

 市からワクチンを受領した際に添付される「基本型接種施設からサテライト接種施設への情報提供シート」へワクチンの保管期限を明記し管理すべきところ、ワクチン保管期限の記載が漏れていたことや保管期限を確認せずに使用可能と誤って判断し、使用したことが原因です。

今後の対応

 当該医療機関から、対象の被接種者に、謝罪及び説明を行うとともに、接種後の健康状態観察等を行います。

再発防止

 当該医療機関では、市からワクチン配送時に提供されている情報提供シートを用いて管理することを徹底し、複数のスタッフで使用期限内のワクチンであることの確認を行います。

 本市では、市民の皆様に安心して接種いただけるよう、ワクチン接種を実施している医療機関に改めて注意喚起を行い、ワクチンの適正管理を図り、再発防止に努めます。


Danjiri city kishiwada