ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健部 > 健康推進課(保健センター) > 新型コロナワクチンの接種

本文

新型コロナワクチンの接種

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2021年8月27日掲載

新型コロナワクチンの接種

このページの主な内容(文字をクリックすると移動します)

  1. 接種状況について
  2. 接種が受けられる時期
  3. 使用するワクチンについて
  4. 接種を受ける際の費用
  5. 接種の対象や、受ける際の接種順位
  6. 高齢者以外で基礎疾患を 有する方について
  7. 接種が受けられる場所
  8. 住所地外接種について
  9. 接種の流れ
  10. クーポン券の発送時期
  11. 予約方法
  12. 接種を受ける際の同意
  13. 接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度
  14. ワクチン廃棄対策
  15. 気象警報発令時の新型コロナワクチン接種会場の中止について
  16. 新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報

接種状況について

 これまで、集団接種や個別接種などで接種を進め、9月13日現在、接種対象者(満12歳以上)の接種率は46.7%(1回以上接種されている方の割合は58.7%)となっており、希望される方への接種は概ね順調に進んでいます。

 現在、岸和田市では、ワクチンの確保にも一定の目途が立ち、集団接種においては、希望される対象者に対し、年齢制限なく予約の受付も開始しました。国が示す11月末までに希望されるすべての対象者に接種を完了できるよう、準備を進めます。

 
  接種人数 接種率※
2回接種済 81,336人 46.7%
1回以上接種済 102,137人 58.7%

 ※接種率は、対象者(満12歳以上)を分母に算出しています。

 上記表は、毎週火曜日に更新予定です。

接種が受けられる時期

 接種を行う期間は、令和4年2月末までの予定です。最初に医療従事者等への接種が順次行われた後、高齢者、基礎疾患を有する方等の順に接種を進めてまいりました。
 国からのワクチン供給量に一定のめどが立ったため、接種対象年齢を順次拡充してまいります。接種時期の目安は下表のとおりです。

年齢など区分(令和3年5月31日現在満年齢)

接種時期の目安

50歳以上の人

実施中

基礎疾患のある人や障害者など

実施中

40歳~49歳の人

9月21日以降

30歳~39歳の人

9月27日以降

12歳~29歳の人

10月4日以降

使用するワクチンについて

 現在市内の個別接種及び集団接種で用いているワクチンはファイザー社製です。
 ファイザー社のワクチンは、標準的には1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けることとされています。
 そのため、集団接種は、1回目と2回目(1回目の3週間後)をセットで予約することとしています。
 1回目から3週間を超えた場合には、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

新型コロナワクチン予防接種についての説明書

接種を受ける際の費用

 全額公費で接種を行うため、無料で接種を受けることができます。

接種の対象や、受ける際の接種順位

 現在供給されている新型コロナワクチンの接種対象は、接種する日に12歳以上の方です。ワクチンは徐々に供給が行われるので、国が定める下記の接種順位に従い、接種を行っていきます。
 希望する方全員が接種を受けていただけるよう準備していますので、順番をお待ちください。
(1)医療従事者等
(2)高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
  高齢者施設等で従事されている方
(3)高齢者以外で基礎疾患を有する方
(4)それ以外の方
※ワクチンの供給状況により、上位順位をさらに細分化することがあります。また、順位下位の対象者を上位の対象者と同時に接種を開始することもあります。

高齢者以外で基礎疾患を 有する方について

 基礎疾患を有する者の範囲については、次のものが国から示されています。
(1)以下 の病気や状態の方で、通院/入院している方
  1.慢性の呼吸器の病気
  2.慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  3.慢性の腎臓病
  4.慢性の肝臓病(肝硬変等)
  5.インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  6.血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
  7.免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
  8.ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  9.免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  11. 染色体異常
  12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害が重複した状態)
  13. 睡眠時無呼吸症候群
  14. 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持して
   いる、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障
   害(療育手帳を所持している場合 
(2)基準 BMI 30 以上)を満たす肥満の方

接種が受けられる場所

 原則として、住民票所在地の市町村(住所地)で接種を受けていただきます。かかりつけ医などの身近な医療機関で受ける個別接種と、保健センターなどの市が設置する会場で行う集団接種があります。

保健センター 地図
メディカルセンター 地図
山直市民センター 地図
中央体育館 地図

住所地外接種について

 以下の1.から14.のいずれかに該当する方が、住所地外での接種を希望する場合は、接種を行う医療機関等が所在する市町村に事前に届出を行うことで、住所地以外で接種を受けることができます。(5.から13.に該当する方や市町村に対して申請を行うことが困難である方は届出を省略することができます。)
1.出産のために里帰りしている妊産婦
2.単身赴任者
3.遠隔地へ下宿している学生
4.ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
5.入院・入所者
6.通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスの利用者
7.基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
8.副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
9.市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
10.災害による被害にあった者
11.勾留又は留置されている者、受刑者
12.国又は都道府県等が設置する「大規模接種会場」で接種を受ける場合(会場ごとの
対象地域に居住している者に限る)
13.職域接種を受ける場合
14.その他やむを得ない事情があり住民票所在地外に居住している者

 住所地外接種の届出については、下記の書類をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、発行済のクーポン券の写し(コピー)を添付して、ご提出ください。

 住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症) [PDFファイル/363KB]

 提出先 〒596-0045 大阪府岸和田市別所町3丁目12番1号(岸和田市立保健センター)新型コロナワクチン接種担当

 お届けにより住所地外接種が可能な方であることが確認できれば、住所地外接種届出済証をお送りしますので、接種を受ける医療機関にて住所地外接種届出済証をご提示のうえ、接種を受けてください。

接種の流れ

1.接種順位に基づき、市内に住民票がある方に、クーポン券(接種券)を順次発送します。
2.ご自身が接種可能な時期をご確認ください。
3.接種可能な医療機関や会場を市ホームページ、市公式Lineアカウントや、国が設置するコロナワクチンナビなどでご確認いただき、インターネットやLine、コールセンターなどで予約してください。
4.予約した日時に接種を受けてください。
 接種時は、以下のものを必ず持参してください。
 (1)クーポン券(接種券)
※接種券は2回分が1枚になっています。切り離したり剥がしたりしないで台紙ごとご持参ください。
 (2)クーポン券に印刷されている氏名、住所が確認できる本人確認書類(運転免許証、健康保険証、介護保険証など)
 (3)クーポン券に同封されている「予診票」
※接種会場での混雑回避のため、日付や体温などの接種当日に記入する部分以外については予め記入しておいてください。

クーポン券の発送時期

 12歳以上の方にワクチン接種のクーポン券(接種券)をお送りしています。

クーポン券(接種券)発送時期
年齢階層等 発送時期
90歳以上 3月下旬
65歳から89歳 4月中旬
基礎疾患を有する方
身体障害者手帳等をお持ちの方など
届出後
60歳から64歳 6月23日
50歳から59歳 7月2日
16歳から49歳 7月12日
12歳から15歳 7月26日

 原則としてクーポン券は住民票上の住所へ送付します。

 入院や入所、DV被害等のやむを得ない事情により、住民票上の住所地と実際の居住地が異なることから、クーポン券がお手元に届かない場合は、接種券送付先変更申請書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、ご提出ください。

※申請者と被接種者の本人確認書類の添付が必要です。

 接種券送付先変更申請書(新型コロナウイルス感染症) [PDFファイル/391KB]

 クーポン券を紛失・汚損してしまった等の理由から再発行が必要な場合は、接種券再発行申請書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、ご提出ください。住民票のある住所へ再送付します。

※窓口申請の場合は、被接種者及び申請者の身分証明書(写しも可)を提示してください。

 接種券再発行申請書(新型コロナウイルス感染症) [PDFファイル/341KB]


 提出先 〒596-0045 岸和田市別所町3丁目12番1号(岸和田市立保健センター)新型コロナワクチン接種担当

予約方法

 岸和田市新型コロナワクチン接種コールセンターへの電話や、市ホームページや市公式Lineアカウントから予約申し込みできます。

 ・コールセンターから予約

 ・市ホームページから予約(Web予約)

 ・市公式Lineアカウントから予約

                  市公式Lineアカウント

接種を受ける際の同意

 新型コロナワクチンの接種は強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。
 接種を受ける方には、接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

ワクチン廃棄対策

 現在接種しているワクチンは、保存や接種に厳しい時間制限があり、接種会場で突然のキャンセル等が発生した場合は、ワクチンを廃棄しなければならないケースがあります。岸和田市では、そういったケースでもできる限り廃棄数を減らすために、医療従事者や消防職員、清掃技能員や保育士、市内幼稚園・小中学校内で従事する者、集団予防接種に従事する者などに接種することとしています。

気象警報発令時の新型コロナワクチン接種会場の中止について

 下記の気象警報等発令時は接種を中止します。

〇受付時間が午前中(正午を含む。)の方
 接種日の午前7時現在で、特別警報または暴風警報が発令されている場合は、集団接種が中止になります。
〇受付時間が午後からの方
 接種日の午前11時現在で、特別警報または暴風警報が発令されている場合は、集団接種が中止になります。
〇共通
 岸和田市内で震度5弱以上の地震が発生した場合は、発生後当日の接種を中止します。翌日以降の実施については、市内の状況を把握した上で、接種の実施判断をします。

 上記理由により、接種が中止になった場合は、別日の設定を行いますが、他の予約状況により、希望される日時に変更できない場合があります。

新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報

厚生労働省のページ

新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(外部リンク)
新型コロナワクチンについてのQ&A(外部リンク)

首相官邸のページ

新型コロナワクチンについて(外部リンク)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Danjiri city kishiwada