ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康推進課(保健センター) > 女性の健康づくり―更年期を迎えるあなたへ―

女性の健康づくり―更年期を迎えるあなたへ―

印刷用ページを表示する 2009年3月3日掲載

40、50歳代になったころから、何か調子が悪かったり気分の変化が大きかったり・・・
それは更年期の症状かもしれません。
女性は、思春期以降ホルモンの周期的変化により心身の健康が守られています。しかし、更年期にはホルモンバランスの変化で健康への大きな影響があり、それは高齢期にも波及していきます。
更年期は人生の健康管理をはじめる大切なときです。自分のからだ・こころの変化をチェックして、健康づくりのポイントをおさえましょう。

更年期以降の女性の健康づくりのポイント

1.更年期を理解しましょう

 女性ホルモンの分泌が激しく変化する閉経(月経が一年間にわたって見られない状態)をはさんだ前後の、45歳から55歳くらいまでの時期を「更年期」といいます。この時期、女性ホルモンの分泌の低下に体がすぐに反応できず、不快な症状が起こりやすくなります。これがいわゆる「更年期症状」です。更年期症状には個人差があり、何の症状もない人もいれば、日常生活に支障をきたす人もいます。日常生活に支障が出るくらい症状が辛い場合を「更年期障害」といいます。いたずらに不安にならず、前向きに対処することが大切です。

色々な更年期症状:

  • 血管・運動・神経系:ほてり、のぼせ、異常な発汗、冷え、動悸、息切れなど
  • 精神・神経系:いらいら、不安感、無気力感、不眠、憂うつ感、集中力低下など
  • 筋骨格系:肩こり、腰痛、関節痛など
  • 泌尿器・生殖器系:頻尿、尿もれ、外陰部のかゆみや乾燥感など
  • 知覚系:しびれ、知覚過敏、知覚鈍磨など

2.「からだとこころ」のチェックをしてみましょう。―簡易版 更年期指数チェック表(大阪府発行「女性と健康小読本」より)―

チェック方法:下表の「症状の程度」で、あてはまった点数を合計して判定します

「症状の程度」の目安

 強:症状が強くあるいは仕事に大きな支障が出るか、全くできない
 中:症状があり、家事あるいは仕事に支障が出る
 弱:症状はわずかで、家事あるいは仕事をすることに特に問題はない
 なし:全く症状はなし

症状
症状の程度:
症状の程度:
症状の程度:
症状の程度:
なし
顔がほてる
10
6
3
0
汗をかきやすい
10
6
3
0
顔や手足が冷えやすい
14
9
5
0
息切れ、動悸がする
12
8
4
0
寝つきが悪い、または眠りが浅い
14
9
5
0
怒りやすく、イライラする
12
8
4
0
くよくよしたり憂うつになることがある
7
5
3
0
頭痛、めまい、吐き気がする
7
5
3
0
疲れやすい
7
4
2
0
肩こり、腰痛、手足の痛みがある
7
5
3
0

判定

0~25点
問題なし
26~50点
食事、運動に気をつけ、無理をしない
51~65点
医療機関で生活指導カウンセリング、薬物療法を受けたほうがよい
66~80点
長期(半年)以上の療養が必要
81~100点
各科精密検査を受け、他の病気がなく更年期症状のみである場合は、長期の治療が必要

3.更年期障害の治療は・・・

女性ホルモンの低下を補う「女性ホルモン補充療法」や「自律神経薬」、「漢方薬」などの薬物療法があります。婦人科などで医師と十分相談してください。

4.更年期との上手な付き合い方

  • 更年期は自然な流れと割り切って大きく構えましょう。
  • 趣味やボランティアなど打ち込めるものをひとつでも持ちましょう。これは老後の暮らしにも大きく役立ちます。そして、いろいろな人との出会いがあなたの助けになるかもしれません。
  • バランスのとれた食事、適度な運動、ゆったりとした休養、禁煙など規則正しい生活を送りましょう。更年期症状の悪化を防ぎます。
  • つらいときは一人で悩まない。こんなときこそ家族や友達を頼りにしましょう。
  • おしゃれや恋も積極的に楽しみましょう。
  • 信頼できる主治医を見つけましょう。

5.ご注意!全てが更年期症状とは限りません

 更年期の症状はからだのあちこちに出てきます。しかしすべてを更年期のせいと決め付けてはいけません。動悸やのぼせの原因が高血圧や動脈硬化、心臓病であったり、月経異常が子宮筋腫だったり、他の重大な病気が隠れていることもあります。気になる症状があれば必ず医療機関を受診しましょう。
 その他、気をつけたい病気として骨粗しょう症、乳がん、子宮がん、生活習慣病があります。その予防と早期発見のために、健康診査をぜひ受けましょう! 


「女性の健康」への関心は日々高くなっており、平成20年3月からは「女性の健康週間(3月1日~8日)」が設けられたところです。この機会に、健康チェックをしてみませんか。