ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 暮らしの情報 > 子育て > 妊娠・出産 > 【妊娠・出産された方へ】岸和田市出産・子育て応援事業について

本文

【妊娠・出産された方へ】岸和田市出産・子育て応援事業について

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2023年6月14日掲載

岸和田市出産・子育て応援事業

 すべての妊婦、子育て家庭が安心して出産・子育てができるように、妊娠期から出産・子育てまで一貫して身近に相談できる「伴走型相談支援」と、出産育児関連用品の購入や子育て支援サービス利用負担軽減を図る「経済的支援」を一体とした「出産・子育て応援事業」を開始しています。

    支援の流れ

事業開始日

令和5年3月6日

伴走型相談支援

 

 妊婦や産婦の方が抱える様々な不安などを解消するため、子育て家庭に寄り添い面談などを通じて継続的に支援します。相談をご希望の方は、保健センター(072-423-8812)までお電話ください。助産師や保健師等が対応させていただきます。

 

経済的支援

   フロー

出産応援ギフト(妊婦1人につき5万円)

【対象者】

令和5年3月6日以降に妊娠の届出をされた方

・【申請は締め切りました】令和4年4月1日~令和5年3月5日までに出生の届出をされた方または、妊娠の届出をされた方(さかのぼり支給対象者)

※令和4年4月1日~令和5年3月5日までに妊娠の届出をされた方には、令和5年3月にご案内を送付しました。

 

【給付要件】

(1)妊婦が妊娠の診断を受け、妊娠の届出時等に面談を受けること。

 妊娠の届出時には、妊娠の診断を受けた医療機関から発行された領収書や診療明細書をご持参ください。

(2)出産予定日が確定していること。

(3)他の自治体(市区町村)で出産・子育て応援事業による給付金(現金・クーポン)や同様の給付を受けていないこと。​

※令和4年4月1日~令和5年3月5日までに妊娠の届出をされた妊婦は面談は不要ですが、アンケートの回答が必要となります。

※妊娠の届出後、流産等で出産に至らなかった方も対象です。

 

【申請方法】

 面談後、対象者ご本人による申請が必要です。指定の申請書にて申請をしてください。

 

【申請期限】

 妊娠期間中(さかのぼり支給対象者の方は令和5年5月31日まで)

 ※さかのぼり支給対象者で特別な事情があり、申請期限を過ぎてしまった場合はご相談ください。

 

【支給時期】

申請受付から1~2か月後に、指定口座に振り込みます。申請状況や他の自治体(市区町村)への照会が必要な場合、提出された書類に不備がある場合は、時間を要することがあります。

 

子育て応援ギフト(出産された産婦(または子どもを養育される方)に子ども1人あたり5万円)

【対象者】

令和5年3月6日以降に出産された産婦(または子どもを養育される方)

・【申請は締め切りました】令和4年4月1日~令和5年3月5日までに出産された産婦(または子どもを養育される方)(さかのぼり支給対象者)

※令和4年4月1日~令和5年3月5日までに出生された子どもを養育される方には令和5年3月にご案内を送付しました。

 

【給付要件】

(1)出生の届出後、産婦(または子どもを養育される方)が面談を受けること。

(2)他の自治体(市区町村)で出産・子育て応援事業による給付金(現金・クーポン)や同様の給付を受けていないこと。​

※令和4年4月1日~令和5年3月5日までに出産された産婦(または子どもを養育される方)は面談は不要ですが、アンケートの回答が必要となります。

※出生後、お子さまがお亡くなりになられた方も対象です。

※出産後、お子さまを養育されていない方は対象外です。

 

【申請方法】

 (1)出産後、お子さまが生後4か月になるまでに保健センター(072-423-8812)までお電話ください。面談方法は、保健センターへお越しいただくか、保健センターから訪問させていただきます。

 (2)出産された産婦(または子どもを養育される方)と面談を行った後、出産された産婦(または子どもを養育される方)ご本人による申請が必要です。指定の申請書にて申請をしてください。

 里帰り出産や体調不良などの事情により、産婦の方と面談が難しい場合はご相談ください。

 

【申請期限】

 産後おおむね生後4か月まで(さかのぼり支給対象者の方は令和5年5月31日まで)

 ※さかのぼり支給対象者で特別な事情があり、申請期限を過ぎてしまった場合はご相談ください。

 

【支給時期】

 申請受付から1~2か月後に、指定口座に振り込みます。申請状況や他の自治体(市区町村)への照会が必要な場合、提出された書類に不備がある場合は、時間を要することがあります。

 

申請に必要な書類

※申請書に必要な書類を添付してください。

 
確認事項 必要書類
申請者(妊産婦、子を養育される方)の本人確認

官公庁発行の顔写真付き本人確認書類のうち1点

運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、旅券(パスポート)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書等

官公庁発行の顔写真付き本人確認書類の提示が困難な場合、以下の書類のうち2点以上

健康保険証、年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、官公庁から発行・発給された書類等

振込先金融機関口座確認 給付金振込先の通帳・キャッシュカード等、金融機関名、口座番号、口座名義人が確認できるもの(申請者本人名義のもの

※妊娠の届出時のみ

マイナンバー(個人番号)の確認

マイナンバーカード、通知カード(※記載内容が住民票と同じものに限ります)、個人番号が記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書

上記に該当する書類がない場合は、保健センター(072-423-8812)までご相談ください。

その他

・出産・子育て応援ギフト支給後に、他の自治体からの支給が判明した場合は、岸和田市より支給した給付金を返還していただく場合があります。

・妊娠期から子育て期にわたり切れ目ない支援のために必要に応じて、市区町村、医療機関、相談支援関係機関等が把握した情報(妊娠状況や妊婦健康診査状況、伴走型相談支援等で活用するアンケート結果や子育てガイドの内容)を相互に確認・共有させていただく場合があります。

給付金の支給に関して、岸和田市からご自宅などに問い合わせを行うことはありますが、ATMの操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振込みを求めることはありません。もし、不審な電話がかかってきた場合には、すぐに下記の問い合わせ先、もしくは最寄りの警察にご相談ください。

 

よくある質問

 Q.多胎児を出産しました。いくらもらえますか?

  A.多胎児の場合、「出産応援ギフト」は5万円、「子育て応援ギフト」 は5万円×新生児の人数分となります。

 

 Q.子育て応援ギフト申請書の養育者には誰の名前を書いたらいいですか?

  A.産婦(または子どもを養育される方)の名前をご記入ください。

 

 Q.子育て応援ギフト申請書の案内(申請書)が届きません。どうすればいいですか?

  A.令和5年3月6日以降に出産されたお子さま、産婦の方へは案内(申請書)を送付していません。面談時に申請書をお渡ししています。

 

 Q.出産後の面談は予約が必要ですか?

  A.(1)保健センターへお越しいただき面談をする場合

    予約不要です。保健センターの開庁時間(平日の9時から17時半)内にお越しください。

    面談以外にお子さまの計測や育児相談をご希望される際は予約してからお越しください。

   (2)保健センターから訪問させていただく場合

    予約してからお伺いさせていただきます。訪問日はお電話にてご相談ください。


Danjiri city kishiwada