ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健部 > 健康推進課(保健センター) > 10月1日から、子どものインフルエンザ予防接種費用を助成します

本文

10月1日から、子どものインフルエンザ予防接種費用を助成します

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年10月15日掲載
 新型コロナウイルス感染症とインフルエンザが同時流行するリスクを軽減するため、インフルエンザの発病や重症化及び感染拡大防止を目的として、令和2年度に限り10月1日から子どものインフルエンザ予防接種費用の一部を助成します。

 子どものインフルエンザ予防接種は「任意接種」です。ワクチン接種の効果及び副反応等について、医師の説明を受け、よく理解したうえで接種してください。

対象年齢

岸和田市民(接種日当日、岸和田市の住民基本台帳に記載がある人)で接種日当日に生後6か月から中学3年生までのお子さま。

*ワクチンの種類によっては、接種開始が1歳からの場合もありますので、詳しくは医療機関にご相談ください。

 

実施期間

令和2年10月1日(木曜日)~令和3年1月31日(日曜日)

*期間を過ぎると、全額自己負担になります。

 

〇接種期間については、下記の厚生労働省からの通知も参考にしてください。

 季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い [PDFファイル/201KB]

接種回数

(1)接種日当日、生後6か月以上~13歳未満・・・2回まで

  (2~4週間の間隔をあけて、2回目を接種してください。)

 *1回目を令和3年1月に接種した人に限って、2回目は2月28日(日曜日)まで接種できます。

 *12歳で1回目を接種し、2回目の接種時に13歳となった場合は、2回目の接種も助成の対象になります。

 

(2)接種日当日、13歳以上~中学3年生まで・・・1回

 

助成額

1回につき、上限3,000円(13歳未満は2回目も助成)

 

助成方法

接種時に、市内実施医療機関で母子健康手帳と「岸和田市子どものインフルエンザ(任意)予防接種費用助成申請書兼代理受領に関する委任状」(市内医療機関で設置しています。(下記から、ダウンロードできます。)を提出し、本来の接種費用から上限3,000円を引いた金額を医療機関にお支払いください。

*子どものインフルエンザ予防接種は「任意接種」のため、接種する医療機関によって、接種料金が異なります。

岸和田市子どものインフルエンザ(任意)予防接種費用助成申請書兼代理受領に関する委任状 [PDFファイル/83KB]

接種の際の持ち物

〇母子健康手帳

〇医療証や健康保険証など本人確認できるもの

*予防接種対象者の住民登録が岸和田市にない場合は原則、助成の対象になりません。接種後に判明した場合は、助成金額分を保護者にお支払いいただくことになります。

 

接種場所・申し込み

直接、医療機関に事前に問合せのうえ、予約してください。

市内実施医療機関は、下記のとおりです。


令和2年度 岸和田市子どものインフルエンザ(任意)予防接種費用助成 実施医療機関 [PDFファイル/76KB]

 

 

 

*やむを得ない理由により市内実施医療機関で接種できない場合は、必ず事前に保健センターへご相談ください。

*子どものインフルエンザ予防接種は予防接種法に基づかない「任意接種」です。ワクチンの接種により入院が必要な程度の健康被害が生じた場合は、「独立行政法人医薬品医療機器総合機構法」に基づく救済(※1)を受けることができますが、予防接種法による救済(※2)とは給付額等が異なります。これらのことを十分ご理解の上、接種するかどうかを決めてください。

~参考~

※1 任意接種の場合:「独立行政法人医薬品医療機器総合機構法」による医薬品副作用被害救済制度 (独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

※2 定期接種の場合:「予防接種法」による予防接種後健康被害救済制度(厚生労働省)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Danjiri city kishiwada