ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > 白河上皇(しらかわじょうこう)1053~1129

本文

白河上皇(しらかわじょうこう)1053~1129

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2009年3月3日掲載

 院政を開始した上皇として知られる白河上皇は、生涯に九回、熊野参詣に出かけています。当時の熊野参詣のルートは、淀川を船で大阪まで下り、大阪からほぼ今のJR阪和線に沿った熊野街道を通って紀州へ向かいました。途中、王子と呼ばれる熊野権現の分身が祀られた場所がいくつもあり、各王子を参拝しながら遠い熊野の地を目指しました。
 このように、白河上皇が岸和田市内を通過したことは確かで、小松里町額に今もある積川(つがわ)神社の遥拝鳥居のあたりで、芝草の舞台を作って舞楽を奉納した際に、上皇が鳥居の額の字を書いたという伝説が残っています。この額は今も積川神社の社宝として伝わり、大阪府の有形文化財に指定されています。

額原の鳥居の写真小松里町額の鳥居

積川神社所蔵「木造扁額」


Danjiri city kishiwada