ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > 伝説5 白河法皇の勅額<額町>

本文

伝説5 白河法皇の勅額<額町>

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2009年3月3日掲載

 小栗街道(旧熊野街道)沿いの小松里町額(がく)に、昔から積川神社よう拝の鳥居がおかれ、そこに白河法皇の勅額といわれるものが揚げられていた。今は、文化財に指定され積川神社に保存されているがこのことから付近を額といいならわしてきた。地元では、小松里町額を北額、額原町を南額ともよんでいる。

勅額の写真


 「岸和田の伝説」は、「広報きしわだ」に昭和54年4月1日号から昭和55年12月15日号まで連載されたものの転載です。当時の文言をほぼそのまま用いていますが、写真は撮り直しています。


Danjiri city kishiwada