ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 報道発表 浪切ホールの愛称が決定しました

報道発表 浪切ホールの愛称が決定しました

印刷用ページを表示する 2019年9月12日掲載

概要

岸和田市は、岸和田市立浪切ホールのネーミングライツサポーターを、南海ビルサービスグループに決定し、契約を締結しました。

令和元年10月1日(火曜日)から令和4年3月31日(木曜日)の2年6か月間、同施設の愛称は「南海浪切ホール」となります。本市の公共施設では初めてのネーミングライツ導入です。

詳細

1.契約内容

サポーター:南海ビルサービスグループ

(代表企業:南海ビルサービス株式会社、構成企業:南海電気鉄道株式会社)

愛称:南海浪切ホール

契約日:令和元年8月23日

期間:令和元年10月1日(火曜日)から令和4年3月31日(木曜日)

金額:年額100万円(税別) ※ただし、初年度は50万円(税別)

2.岸和田市ネーミングライツサポーター制度の概要

岸和田市が推進している広告収入事業のひとつで、公共施設に企業名などを冠した「愛称」をつけることができる代わりに、事業者が命名権料を市に納める制度です。契約により得た命名権料は、施設を良好に維持管理していくための財源として有効に活用します。

3.岸和田市立浪切ホールの概要

平成14年4月、大阪湾を望むベイエリアに文化創造の拠点としてオープンしました。伝統芸能、クラシックコンサートからポピュラー、演劇など多彩な公演を行い、年間57万人(※H30)を超える多くの皆様にご利用いただいています。

敷地面積14,939平方メートル、延床面積27,159平方メートル

鉄骨鉄筋コンクリート造(地上4階、地下1階)

大ホール(1,552席)、小ホール(288席)、多目的ホール、練習室、会議室、スタジオ等

この件に関する問合せ

文化国際課(電話:072-443-3800)