ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 岸和田のむかし話7 牛滝川周辺の話・(10)円勝寺の狐(大町)

岸和田のむかし話7 牛滝川周辺の話・(10)円勝寺の狐(大町)

印刷用ページを表示する 2009年3月3日掲載

 聖雄和尚(せいゆうおしょう)さんは、いつからとなくお寺の縁の下に棲(す)みついた狐をたいへんかわいがっていました。「和助(わすけ)」という名前までもらった狐は、まるで犬のように和尚さんを慕(した)い、何処(どこ)へ行くにもついていきました。
 ある夜、お寺の不用心をいいことに、泥棒(どろぼう)が仏像盗(ぬす)みに本堂へ忍(しの)び込(こ)もうとしました。
 ところが、板戸(いたど)の隙間(すきま)から明かりが漏(も)れ、ポクポクと木魚(もくぎょ)の音が聞こえます。
 「あれぇ、木魚が鳴ってる。おっかしいなぁ、和尚さん、まだ起きてはるんかいな」
 仕方がないので、泥棒は縁の下にもぐりこみ、本堂の方をうかがって耳をたてていましたが、
 ポクポクポク、ポクポクポク・・・・・・
 木魚の音は、とぎれたと思うとまた鳴り出し、いっこうに終わりそうもありません。
 しびれをきらした泥棒が、そろそろと縁の下から這(は)い出(だ)したとたん、ちょうど檀家(だんか)の法事(ほうじ)から帰ってきた和尚さんとばったり、
 「ひゃあ、和尚さんが2人おったぁ」
 びっくりぎょうてん、転がるように逃げだしました。
 「あ、これこれ、どなたかな。えろう慌(あわ)てて、どないしたんじゃー」
 小首かしげながら和尚さんが本堂へ入ってみると、なんと、和助狐がご本尊の前にちょこんと座って、大きな尻尾(しっぽ)で上手に木魚をたたいていたそうです。

円勝寺の狐の挿絵


※ この「岸和田のむかし話」は市制70周年を記念して平成4年11月に刊行された本をWeb化したもので、岸和田に伝わる昔話や、発刊時に創作された話を収録しています。
あくまでも昔話ですので、必ずしも史実に基づいているものではありません。

「岸和田のむかし話」一覧はこちら

「岸和田のむかし話8 地名などにかかわる伝承」へ