ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > 報道発表 岸和田市辞令交付式

本文

報道発表 岸和田市辞令交付式

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2011年4月2日掲載

概要

岸和田市では、4月1日(金曜日)辞令交付式を行いました。

詳細

 午前9時15分 部長級異動発令 17人

 午前10時00分 新規採用職員採用発令 65人

 午前10時40分 課長級異動発令 57人

 野口市長はその後、主査以上の職員を前に訓示を行いました。

市長訓示の概要

 まずは初めに、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震では、甚大なる被害が残っています。亡くなられた方々、また被災された方々に心からお悔やみとお見舞い申し上げます。

 発生以後、本市でも、救援職員の派遣や物資の援助などを大阪府と連携しながら行っており、また職員の皆さんにも支援いただいていることに、お礼申し上げます。

 今後も、まだまだ支援要請が来ることと思いますが、その際はご協力をお願いします。

  さて、いよいよ23年度の始まりです。人事異動を終えた新しい体制の下、人の和、チームワークを大切にして、業務に精励してください。それには普段から職員間の意思疎通を図り、風通しの良い人間関係を築き、そして、新しい提案を出せる環境づくりに配慮していただきたいと思います。

 厳しい経済状況が長く続いていますが、本市では、19年から行財政再生プランを策定して、まちづくりを進めています。職員の皆さんには、事業の見直し、職員数の削減、手当等の削減へのご協力に感謝しています。一方では、安心・安全なまちづくりに様々な施策も進めてきました。これも、皆さんの努力の賜物と感謝しています。

  この度、23年度からスタートする第4次総合計画を策定しました。その将来像は、「元気あふれる躍動都市 岸和田」です。ご承知のとおり、NHKの連続テレビ小説「カーネーション」が10月から6ヶ月間、岸和田市を舞台にして繰り広げられます。これらを追い風にして、これからも、人もまちも元気な岸和田をつくっていきたいと思っています。

それには、市民との協働のまちづくりが重要です。「対話と協調」の精神の下、市民などからの声が届いた場合には聞きっぱなしにするのではなく、出来ること・出来ないことを十分伝え、また、どうすれば可能かを考える姿勢で取り組んでください。

 市職員に対する目は厳しいものがある一方、大きな期待も寄せられています。改革、改善の意識を忘れず新しい提案をしていただき、また、綱紀粛正を徹底していただき、市民から信頼される市役所作りにまい進するようお願いします。

 これからまだまだ厳しい状況が続くと思われますが、皆さんの先頭に立って、岸和田市を良くしたいという思いで、全力で取り組んでいきたいと思っています。みなさんの知恵を結集していただければこの難局も切り抜けられると確信しています。より一層の協力をお願いします。

 また、そのためには健康が第一です。自分の健康は自分で守って、これからも職務に精励していただきたいと思います。

 最後に、皆さんのご健勝、ご多幸、そしてご活躍を祈念して、訓示とします。

本件に関する問合せ先

広報広聴課 電話:072-423-9402


Danjiri city kishiwada