ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > 報道発表 平成22年度 まちなみ形成・板塀プロジェクト

本文

報道発表 平成22年度 まちなみ形成・板塀プロジェクト

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2011年2月26日掲載

概要

 紀州街道の本町地区には、本瓦葺き、中二階、出格子など歴史的なまちなみが多く残されています。こうした風情あるまちなみを守り育てるため、地区住民が中心となって平成6年に『本町のまちづくりを考える会』を組織し、様々なまちづくりに取り組んでいます。
 板塀プロジェクトとは、ブロック塀や鉄柵等、歴史的なまちなみを阻害するものに対して、塀などを壊すことなく、その上に木の板を打ちつけ、表面を板塀に変えていく取組みです。
 これまで6回行ってきたこのプロジェクトですが、本年は市役所別館の堺阪南線側67mを実施いたします。「石畳と淡い街灯街づくり支援事業」のなかで堺阪南線の歩道照明事業が行われることになり、まちなみ景観の向上を図りたいと思います。

詳細

日時:平成23年3月6日(日曜日)午前9時開始予定

これまでの実施箇所

 実施箇所

第1回.平成19年7月22日実施
第2回.平成19年8月26日実施
第3回.平成19年10月7日実施
第4回.平成19年11月25日実施
第5回.平成20年11月24日30日実施
第6回.平成22年3月10日14日実施

本町のまちづくりを考える会

  • 目的  本町の歴史的まちなみの保全と魅力あるまちづくり
  • 会長  金子 零二
  • 会員数 101人(平成22年6月時点)
  • 活動内容
     訪れる人への案内板を設置する「案内板プロジェクト」。紀州街道にぎわい市・夢灯路への参画。地区内の活性化のため、空家対策や商業活動の促進など。 

 これまでの活動は大阪府都市整備推進センターや市の支援を活用して実施してきた。板塀プロジェクトでは材料費は市補助や会費から支出し、設置作業はまちづくりを考える会やボランティアにより実施。本年度は『石畳と淡い街灯街づくり支援事業』の支援で実施予定。

資料

 プロジェクトの成果 [PDFファイル/225KB]

本件に関する問合せ先

都市計画課(電話:072-423-9538)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Danjiri city kishiwada