ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 報道発表 あなたのこころに残る「まち景観」写真とエピソードを募集します

報道発表 あなたのこころに残る「まち景観」写真とエピソードを募集します

印刷用ページを表示する 2018年12月7日掲載

概要

本市は、人々の思い出やエピソードを発掘し、写真とともに未来へ紡ぐため、「こころに残る景観資源発掘プロジェクト」の募集を開始します。今回で通算8回目となる本プロジェクトは、これまで354件の景観資源を発掘し、5000人を超える市民のまちかど審査を経て特に優れた51件をこころに残る景観資源として指定し、各種情報誌や広報等の啓発に活用しています。

今回募集するテーマは、「こころに残るまち景観」です。身近な暮らしや歴史の風情などが感じられる「まち景観」を写真とその場所にまつわる思い出などのエピソードなど必要事項をご記入のうえ、郵送、メール又は都市計画課窓口にて受付しています。みなさんのこころに残るまち景観をお待ちしています。

詳細

本市では、平成24年度から地域の景観の核となる資源を発掘し、その情報を蓄積、共有していくことで地域の魅力を高め、まちへの愛着や誇りの醸成と、地域の価値向上に寄与することを目的に、「こころに残る景観資源発掘プロジェクト」に取り組んでいます。

これまで、「樹木」「みち」「水辺」をテーマに、優れた景観について幅広い世代の方にご応募いただき、岸和田城や久米田池などの市内外を問わず親しまれている景観資源はもちろん、市民にもあまり知られていない景観資源についても指定しています。

指定された場所はHP、冊子での公開や、まち歩きイベントなどにも活用されています。

今回も、前回に引き続き”こころに残るまち景観”を募集しています。応募頂いた方には、オリジナルグッズをプレゼントします。思い出の景観資源を未来へ紡いでみませんか。ご応募お待ちしています。

応募方法

●募集期間:2018年12月1日(土曜日)~2019年9月20日(金曜日)

●発掘したい応募対象の「まち景観」:誰もが観ることが可能で、次のようなストーリー性がある岸和田市内のまちの景観

  • まちや地域を特徴づける、または核となる景観要素として魅力が感じられるまち景観
  • 暮らしやなりわい、営み、産業など身近にあり魅力的であると感じられるまち景観
  • 歴史の風情や洗練された新しさにより魅力が感じられるまち景観
  • 賑わいや親しみ、四季折々の趣が感じられるまち景観

●必要事項

  • 「まち景観」の写真(携帯電話・スマートフォンで撮影した写真も大歓迎です)
  • 撮影場所の地図(インターネットの地図など)
  • 「まち景観」にまつわるエピソード(思い出やおすすめポイントなど)
  • 応募者情報(氏名、年齢、性別、住所、電話番号、メールアドレスなど)

●応募方法:郵送、メールまたは持参
〒596-8510岸和田市岸城町7-1 岸和田市役所まちづくり推進部都市計画課景観担当(電話:072-423-9538 メール:kokoro@city.kishiwada.osaka.jp

本件に関する問合せ先

都市計画課景観担当(電話:072-423-9538)