ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > 報道発表 空き家に関する協定を締結しました。

本文

報道発表 空き家に関する協定を締結しました。

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2019年2月19日掲載

概要

 平成31年2月18日(月曜日)、市は公益社団法人岸和田市シルバー人材センターと「空家等の適正管理の促進に関する協定」を、大阪府宅地建物取引業協会泉州支部と「空き家の有効活用等に関する相談業務等協定」を締結しました。

同日午前11時から、市役所市長公室において、協定締結式を行いました。

詳細

 市と公益社団法人岸和田市シルバー人材センターは、今回の協定締結により「空家等の適正管理」において連携を図り、市民の安全・安心の確保を、また、市と大阪府宅地建物取引業協会泉州支部は、これまでも空き家の解消を目的に連携協力をしてきましたが、今回の協定締結により「空き家の有効活用等」でも連携を図り、市民の安全・安心の確保や地域の活性化を目指します。

▼協定名及び協定の相手方

(1)「岸和田市空家等の適正管理の促進に関する協定」

公益社団法人岸和田市シルバー人材センター(大阪府岸和田市宮本町46番3号)

理事長:河合 秀憲

(2)「空き家の有効活用等に関する相談業務等協定」

大阪府宅地建物取引業協会泉州支部(大阪府岸和田市上町9番4号)

支部長:辻 房克         

▼協定内容

(1)「岸和田市空家等の適正管理の促進に関する協定」

空家等の所有者等から管理業務の相談を受けた場合は、公益社団法人岸和田市シルバー人材センターを紹介し、公益社団法人岸和田市シルバー人材センターは次の業務を行う。

(a)空家等の現状確認

(b)空家等の除草、植木の剪定

(c)その他、公益社団法人岸和田市シルバー人材センターが受託できる一般作業

(2)「空き家の有効活用等に関する相談業務等協定」

大阪府宅地建物取引業協会泉州支部は相談者に対して以下の情報提供に努める。

(a)空家の状態から、当該空き家の活用方法等の提案に関すること

(b)中古住宅市場における賃貸又は売買等の取引動向に関すること

(c)リフォーム、適正管理又は解体等の取引動向に関すること

(d)専門業種の紹介に関すること

(e)その他相談内容に関すること

▼永野市長コメント

 本市には2千件を超える空き家が存在しています。これらの空き家は有効活用することで、地域の活性化や定住促進に繋げる資源にもなります。民間事業者や専門家団体などと連携することで空き家という資源を有効活用していきたいと考えています。

資料

空き家サポート(岸和田市シルバー人材センター) [PDFファイル/511KB]

写真

シルバー人材センター協定締結式

大阪府宅地建物業協会泉州支部

本件に関する問合せ先

住宅政策課(電話:072-447-6513)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Danjiri city kishiwada