ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > 報道発表「大阪880万人訓練と連動させた災害対策本部実動訓練を行います」

本文

報道発表「大阪880万人訓練と連動させた災害対策本部実動訓練を行います」

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2022年8月26日掲載

概要

 9月2日(金曜日)に実施される大阪880万人訓練と連動させた、災害対策本部実動訓練を行います。実動訓練は、岸和田市消防本部に災害対策本部事務局を設置し、南海トラフ地震発災前の臨時情報の収集から、発災後の広域的応援部隊及び物資の受け入れ調整までの一連の手順について、練度向上を図ることを目的としています。

詳細

日時

令和4年9月2日(金曜日)午前9時30分~午後5時

場所

市庁舎、岸和田市消防本部など

編成

  • 統裁官  市長(災害対策本部長)
  • 統裁部長 危機管理監(主幹本部員)
  • 実動訓練参加者 災害対策本部要員等(約70名)

実施概要

  1. 訓練想定: 南海トラフ巨大地震(臨時情報発表~発災)
  2. 訓練の概要
    ​AM:「南海トラフ地震臨時情報に伴う行動」巨大地震警戒(M7)の発表に伴い消防本部に事前準備室を設置し、情報収集及び 応行動を準備します。
    ​PM:「南海トラフ地震発災に伴う対応行動」発災(大津波警報)に伴い被害状況の把握、情報処理活動、食料物資部の実設、広域 的応援部隊の受け入れについて関係機関と調整します。

​※ 以下の場合は訓練の中止を検討します。

  •  岸和田市域に気象警報等が発令された場合
  • 危機管理課職員に感染者(濃厚接触者含む)が確認された場合​

問合せ先

危機管理課(電話:072-423-9437)


Danjiri city kishiwada