ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > 報道発表「岸和田市初『お堀で一箱古本市』を開催します」

本文

報道発表「岸和田市初『お堀で一箱古本市』を開催します」

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2022年6月29日掲載

概要

11月6日(日曜日)に、岸和田城の堀端で市内では初となる「一箱古本市」を開催します。

つきましては、古本を販売する出店者を募集いたします。

詳細

岸和田市制施行100周年記念事業および「岸和田ブックフェスタ 2022 秋」の一大イベントとして11月6日(日曜日)午前11時から午後3時まで、岸和田千亀利公園内のお堀端で「一箱古本市」を開催します。
段ボール箱など一箱を“店舗”として、想いを込めて選んだ古本を販売する本好きの“店主”さんを大募集中です。(当イベントは、2005年から東京の谷中・根津・千駄木で行われている「不忍ブックストリート一箱古本市」を参考にしています。)

お堀で一箱古本市のポスター画像

応募条件

応募できる方は、以下の条件を満たしていることとします。

  1. 周囲と協力して楽しく参加できること
  2. 当日、各自の責任で搬入・搬出・店番・販売ができること
  3. 責任者は20歳以上であること
  4. 転売・政治・宗教活動目的でないこと
  5. 暴力団またはその関係者でないこと
  6. 法令、公序良俗に違反していないこと
  7. 本屋を経営など、ご職業にされていないこと

出品ルール

  • スペース:1ブースにつき 幅2m×奥行き2m ※ スペースの範囲内であれば、敷物・低めの台・小さな椅子・POP・看板など販売に必要な小物を置くことも可能です。(全て各自でご用意ください、ただし販売は本のみです)

  • 箱:一人が両手で持てる一箱(縦・横・高さ3辺の合計が100cm程度、販売は一箱のみです) ※ 段ボール箱、トランク、バスケットなど、箱の種類は自由です

  • 本:是非、他の方にも読んでほしい、贈りたいと思う古本が基本
    ※ 汚破損の著しい本は、出品を控えてください
    ※ 本のジャンルは問いませんが、公序良俗に反する本は販売できません

  • 販売:値段は出店者がつけ、会計やつり銭の用意も出店者ごとに行います

 

申し込み

 100店舗(一店舗につき2名まで)※ 応募多数の場合は抽選

募集要項 [PDFファイル/85KB]

お堀端地図 [PDFファイル/76KB]

本件に関する問合せ先

生涯学習部図書館企画担当(電話:072-422-2142)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Danjiri city kishiwada