ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > 報道発表 タコの食べ方に新提案!高校生が地域ブランド「泉だこ」に合う調味料を開発しました

本文

報道発表 タコの食べ方に新提案!高校生が地域ブランド「泉だこ」に合う調味料を開発しました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2019年6月21日掲載

概要

 岸和田市立産業高等学校商品開発クラブが地域企業の協力のもと、新商品「みそこんぶもん」を開発しました。また、同商品を伊藤忠食品株式会社主催「商業高校フードグランプリ2019」にエントリーし、関西ブロック代表として8月に東京で行われる本選の出場が決定しました。

詳細

 地域団体商標「泉だこ」に関わる商品開発を進めてきた産業高校商品開発クラブは、「泉だこ」の最大の特徴である「やわらかさ」や「甘み」を消費者に感じていただくため、そのまま付けて食べられる調味料を開発しました。

 この新商品を伊藤忠食品株式会社が主催する“食”の商品コンテスト「商業高校フードグランプリ」にエントリーし、予選を通過し、8月に行われる本選に関西ブロック代表として出場することも決定しました。

 また、7月25日(木曜日)~26日(金曜日)には、同社の展示会(於:インテックス大阪2号館)にも出展します。

 消費者の魚離れが進むなか、この新商品でその流れに歯止めをかけ、大阪のタコ文化に新たな風を吹かせたいという思いで開発に取り組みました。

 みそこんぶもん 

 大醤株式会社の大阪産(おおさかもん)ブランド「新生しょうゆ」と南宗味噌株式会社の岸和田ブランド認定品「米糀赤味噌」をブレンドしました。「泉だこ」をはじめとする魚介類にそのままつけて食べられるほか、天ぷらや湯豆腐、サラダ、唐揚げ、卵料理など、幅広い料理に活用可能な万能みそだれです。

 現在、常時販売商品として、流通も開始しています。

商業高校フードグランプリ

 商業高校が地域の特産品をメーカーと開発した商品を全国から募集し、No.1を決定する大会です。書類・商品審査の予選を勝ち抜いた全国6ブロックの代表校が、東京の本選に出場します。

【本選大会】

日時:2019年8月30日(金曜日)午前11時~午後6時

        8月31日(土曜日)午前10時~午後5時半

場所:東京・池袋サンシャインシティ噴水広場地下1階

写真

みそこんぶもん写真生徒写真

本件に関する問合せ先

岸和田市立産業高等学校 (072-422-4861)


Danjiri city kishiwada