ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > 報道発表 中央小学校児童を対象に、中央地区市民協議会主催の凧揚げ大会が開催されます

本文

報道発表 中央小学校児童を対象に、中央地区市民協議会主催の凧揚げ大会が開催されます

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2017年12月11日掲載

概要

1月14日(日曜日)午後1時半から浜工業公園グランド球技場広場で、中央地区市民協議会が市立中央小学校の児童を対象にした「新春凧揚げ大会」を開催されます。

凧揚げ大会には約100人の児童が参加し、制作部門と飛行部門を競い合います。

また、大会に向けて、12月16日(土曜日)午前10時から同小学校の図工室で「凧作り教室」が開かれます。

この取り組みは、地域のつながりを深めることを目的に、町会、自治会の代表者、各種市民組織の代表者などによって構成された中央地区市民協議が主催して行うものです。

詳細

この取り組みは、地域同士で助け合い、地域のつながりを深めることを目的に、中央地区市民協議会(※1)が主催するものです。普段、子どもたちの健全な育成のために活動している青少年指導員が中心となり、凧の作り方や飛ばし方を子どもたちに教えます。

児童を対象にしたPTAが主催するイベントはたくさんありますが、市民協議会が主催するイベントは市内でも珍しい活動です。

凧揚げ大会では、制作部門と飛行部門の表彰を予定しています。子どもたちは、凧の形やデザインが優れているものを制作部門、凧をどれだけ長く・高く飛ばせたかを飛行部門で競い合います。

昨年参加した子どもからは「最初は上手く揚がらなかったけど、青少年指導員のおじさんにコツを教えてもらって、自分の手作りの凧が揚がった時にはすごくホッとしました。」「自分でデザインした凧が上がる瞬間に何とも言えない感動がありました。」「飛行部門で優勝してここまで高く揚がるとは思っていなかったのでうれしかった。」という声がありました。

この他にも、PTAが主催する親子遠足や、2月に行われる金剛山耐寒登山に同行するなど、中央地区市民協議会では、地域の子どもたちを見守る活動を行っています。

※1 市民協議会…町会、自治会の代表者、PTA役員のOBなどによって構成された団体。岸和田市内の小学校区ごとに設置されており、合計24の団体がある。

※2 青少年指導員…地域の子どもたちが健全に、安全に過ごせるよう、見守り活動を行う人たち。現在、24校区で465人いる。

写真

凧揚げの糸を持つ親子の写真です 

凧を持って並んでいる子供たちの写真です

凧を揚げる準備をする大人と子供の写真です

本件に関する問合せ先

人権教育課 (電話:072-423-9685)


Danjiri city kishiwada