ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > 報道発表資料 岸和田城内堀で高校生が生き物調査

本文

報道発表資料 岸和田城内堀で高校生が生き物調査

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2013年1月24日掲載

概要

1月23日(水曜日)、24日(木曜日)に、きしわだ自然資料館と岸和田高校の生徒が、岸和田城内堀の水質や生物相の調査を行っています。

詳細

岸和田城では、2月下旬ごろまで内堀の石垣の測量調査を行う予定です。そのため、1月中旬から内堀の排水作業を行っています。

水位が下がっているこの機会を利用して、1月23日(水曜日)、24日(木曜日)の放課後(午後3時半~5時ごろ)に、岸和田高校の生徒有志約20人が調査を行います。調査内容は、在来種の個体数調査および外堀への引っ越し作業、外来種の調査および捕獲、動植物プランクトンや水質の調査です。

23日(水曜日)には、生徒10人が内堀に降りて、調査を行いました。この日、獲れたものの多くは外来種のブルーギルでしたが、フナやコイのほか、ソウギョと見られる全長88cmの魚も発見されました。

生徒たちは、冷たい水の中での作業にも関わらず、一生懸命調査作業に取り組み、魚の写真を撮ったり、大きさを測ったりしていました。

24日(木曜日)放課後(午後3時半~5時ごろ)には、刺し網を使って、魚を捕獲する予定です。

 また、2月9日には、岸和田の歴史資源でもある石垣の説明会を開催します。

日時 2月9日(土曜日)10時~11時、14時~15時(2回)小雨決行

場所 岸和田城堀端(五風荘前の階段下)

講師 岸和田市郷土文化室職員

写真

岸和田高校の先生が2人でソウギョと思われる魚を調べている様子

岸和田高校の生徒が魚の測定などをしている様子

岸和田高校の生徒が先生から採取した魚のウロコを受け取る様子

網を持ってお堀の水から魚などを採取する岸和田高校の生徒の様子

本件に関する問合せ先

排水・測量調査…公園街路課施設整備担当(電話:072-423-9622)

生き物調査…自然資料館(電話:072-423-8100)

石垣説明会…郷土文化室文化財担当(電話:072-423-9688)


Danjiri city kishiwada