ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > 報道発表 海抜表示看板および津波避難ビル看板を設置します 

本文

報道発表 海抜表示看板および津波避難ビル看板を設置します 

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2012年10月31日掲載

概要

岸和田市では、今後発生することが懸念される南海トラフの巨大地震等における津波避難対策として、津波で浸水する可能性がある地域を中心としたエリアに、「海抜表示看板」と「津波避難ビル看板」を設置します。

詳細

海抜表示看板は、市民の皆様に、自分の居住地域の海抜を常日頃から意識し、津波災害に対する警戒と防災意識を高めていただくよう、南海本線より海側の地域330箇所に設置します。海抜表示は、津波の高さを表したものではなく、それぞれの地点の海抜を表しています。
また、津波襲来の覚知が遅れた人や、避難障害等により迅速に避難できない人のために一時的な緊急避難施設として津波避難ビルを指定し、指定したビルに看板の設置を進めます。

 海抜表示看板(設置作業期間:10月22日(月曜日)~11月15日(木曜日))

設置箇所 

330箇所(関西電力株式会社の電柱40箇所、西日本電信電話会社の電柱29箇所、町会館・集会所や公園等261箇所)

公共施設など
施設名施設数設置箇所数
高等学校(岸和田)12
中学校(野村・春木)211
小学校(中央・浜・朝陽・春木・大芝)521
幼稚園(公・私)47
保育所等(公・民)914
町会館等5252
公園・広場等(テニスコート・緑地含む)5966
市役所・別館・第2別館・消防分署510
地区公民館46
市営・府営・府公社・UR・雇用促進住宅816
体育館12
プール33
駅(南海本線)33
墓地22
その他施設2446
182261

※海抜表示看板の種類…フェンス取付型(ポリプロピレン製 縦42センチメートル・横30センチメートル)

電柱など
施設名箇所数関電NTT
市道412318
府道1587
港湾道路972
その他(民有地)422
694029

※海抜表示看板の種類…電柱巻付型シート(屋外耐侯性を有するビニールシート製 縦42センチメートル・横30センチメートル)

海抜表示   

50センチメートル単位 0.5メートルから10.0メートルまで

製作費   

264,670円

サイズ   

縦42センチメートル・横30センチメートル

 津波避難ビル看板(設置作業期間:10月5日(金曜日)~11月15日(木曜日))

設置箇所   

15施設 15棟

ビル指定箇所 

協定締結済施設(平成24年10月30日現在)
NO.施設名称棟数所在地
1府立岸和田高校1岸城町10-1
2岸和田市貝塚市清掃組合1岸之浦町1番地の2
3市立公民館・中央地区公民館1堺町1-1
4大芝小学校1磯上町二丁目4-1
5朝陽小学校1上野町西1-28
6浜小学校1紙屋町12-20
7春木小学校1春木宮川町11-13
8野村中学校1下野町二丁目13-18
9春木中学校1松風町10-65
10きしわだ自然資料館1堺町6-5
11大阪木材商業会館1木材町15-8
12岸和田市役所 別館1本町6-1
13浪切ホール1港緑町1-1
協定締結手続き中施設(平成24年10月30日現在)

2施設

サイズ   

入口用 縦60センチメートル・横40センチメートル
壁面用 縦90センチメートル・横90センチメートル

指定要件 

(1)   3階以上の鉄筋コンクリート又は鉄骨鉄筋コンクリート造の建物を基本とする。

(2)   昭和56年に施行された新耐震設計基準以降に建設された建物又は耐震診断によって耐震安全性が確認されている建物。

写真

電柱に海抜表示看板を取り付けている様子

海抜表示看板を見る園児たち

岸和田高校に津波避難ビル看板を設置している様子

本件に関する問合せ先

危機管理部危機管理課(電話:072-423-9537)

Danjiri city kishiwada