ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > 報道発表 9月7日に、岸和田市長が「交通死亡事故多発非常事態宣言」を発しました

本文

報道発表 9月7日に、岸和田市長が「交通死亡事故多発非常事態宣言」を発しました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2012年9月11日掲載

概要

 9月7日現在、岸和田市内では交通事故により既に7名の方が亡くなられ、平成22年、平成23年の総数と同数となっています。

 そのため悲惨な交通死亡事故を撲滅するため、「交通事故をなくす運動」岸和田市推進本部会長の野口聖岸和田市長が、「交通死亡事故多発非常事態宣言」を発令(9月7日)しました。

詳細

 岸和田市内の平成22年中の交通事故による死亡者数は7名、平成23年中は7名ありましたが、今年は9月7日現在で、既に7名という状況です。

 このような状況を受け、これ以上、悲惨な交通事故による死者を出さないようにするため、「交通事故をなくす運動」岸和田市推進本部会長の岸和田市長野口聖が、「交通死亡事故多発非常事態宣言」を発令し、岸和田市、岸和田警察署、関係機関等が連携を図り、全市を挙げた対策を実施します。

交通死亡事故多発非常事態宣言

 交通事故のない安全で安心な暮らしの実現は、岸和田市民のすべての願いです。市内では、交通死亡事故が2月、3月、7月、8月、9月にそれぞれ1件ずつ発生し、今年に入り9月7日現在で既に7名の方の尊い命が失われてしまいました。

 これは、ここ数年でみても最も多く発生している状況であり、極めて憂慮すべき事態となっています。

 このような事態を打開するため、本日ここに「交通死亡事故多発非常事態宣言」を発令し、岸和田市、岸和田警察署、関係機関等が連携を図り、全市を挙げた対策を実施し、市民総ぐるみで交通事故を防止することといたします。

 市民の皆様におかれましては、交通安全を自らの課題としてとらえ、日頃から家庭・地域で正しい交通ルールとマナーを実践し、悲惨な交通死亡事故を撲滅しましょう。

平成24年9月7日
「交通事故をなくす運動」岸和田市推進本部会長 岸和田市長 野口 聖

発令期間

平成24年9月7日から9月30日

交通死亡事故発生状況

発生日時

発生場所

事故形態

死者

2月20日(月曜日)
18時4分頃

府道
包近町

普通乗用車×中型貨物車

普通乗用車に乗車中の高齢者3人

3月31日(土曜日)
3時32分頃

国道26号
西之内町

普通自動二輪車×歩行者

49歳男性

7月25日(水曜日)
23時47分頃

府道
三田町

普通乗用車×普通自動二輪車

28歳男性

8月20日(月曜日)
20時4分頃

国道26号
土生町2丁目

普通乗用車×自転車

50歳男性

9月7日(金曜日)
4時30分頃

府道
三田町

中型貨物車×自転車

78歳男性

主な取り組み

  • 交通指導取り締まりの強化
  • 関係機関・団体と連携し、交通安全運動と交通安全指導を実施
  • 防災行政無線・広報車による街頭呼びかけ等の広報活動
  • 高齢者と子どもの交通事故防止活動

この件に関する問合先

都市計画課交通政策担当(電話:072-423-9628)


Danjiri city kishiwada