ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > 報道発表 岸和田市、岸和田商工会議所及び池田泉州銀行との産業振興連携協力に関する協定締結について

本文

報道発表 岸和田市、岸和田商工会議所及び池田泉州銀行との産業振興連携協力に関する協定締結について

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2011年12月21日掲載

概要

 岸和田市(市長 野口 聖)、岸和田商工会議所(会頭 柳曽 健二)及び株式会社池田泉州銀行(頭取兼CEO 服部 盛隆)は、岸和田市の地域経済の持続的発展に向けて、中小企業振興を核とした「産業振興連携協力に関する協定」を締結しました。

 自治体及び商工団体並びに金融機関の3者による包括的な産業振興連携協定を締結することは、泉州地域で初めてとなります。

 池田泉州銀行の持つ広域なネットワークやノウハウを活かし、岸和田市産業振興新戦略プランを連携して推進するような取組みを行なっていきます。

詳細

協定締結の目的

岸和田市、岸和田商工会議所及び池田泉州銀行は、産業振興の分野において、相互の人的・知的資源を効果的に活用し、有意義と認められる諸事業を行うことにより、地域経済の発展に繋げることを目的とします。

岸和田市、岸和田商工会議所及び池田泉州銀行との連携協定

  1. 新規創業、新産業創出に関する事項
     池田泉州銀行の持つネットワークを活かし、独創的な新技術やアイデア、ビジネスモデルで新産業創出事業に取り組むベンチャー企業や第2創業を目指す中小企業等に対して、連携して販路開拓や産産・産学連携支援などを行います。
  2. 農業・漁業、観光等地域資源の活用、連携に関する事項
     本市の農業や漁業、商工業や観光等の地域資源と、池田泉州銀行が有するネットワークやノウハウを有効に活用し、魅力的なイベント等を通じて、地域の賑わいづくりの推進に連携して取り組むとともに、未活用の地域資源についても、連携・協働により、新たな地域産業の形成を目指します。
  3. 企業誘致に関する事項
     池田泉州銀行の取引先ネットワークを活用した顧客情報や商工会議所の有する会員情報、岸和田市が有する企業誘致支援制度や用地情報などを共有するための意見交換会を定期的に行い、3者が協働して企業誘致活動や新たな投資を促進します。 
  4. 人材育成、雇用確保に関する事項
     池田泉州銀行の持つネットワークやノウハウを活用し、各種セミナーや講習会への参加支援による人材育成を行うとともに、就職説明会や就業体験を通じて、雇用の確保を目指していきます。 
  5. 岸和田産業PRと情報発信に関する事項
     本市の産業振興施策について、池田泉州銀行の店舗ネットワークを活用して情報発信を行い、岸和田のトップランナーや新しい施策等の広報を強化し、支援策やセミナー等の産業PRを行うとともに、池田泉州銀行や商工会議所が有する本市の産業振興に資する情報についても、3者協議の上、積極的に情報発信いたします。
  6.  その他3者が必要と認める産業振興に関する事項

上記連携項目に係らず、本協定の趣旨に鑑み、本市産業振興分野において、それぞれが連携・協力することで、意義があると考えられる事項については、幅広い範囲で協力関係を構築し積極的な推進を目指していきます。

以上の具体的な施策として、岸和田市と岸和田商工会議所、池田泉州銀行は相互の連携により、ビジネス商談会、各種セミナーの開催等を実施していく予定です。

池田泉州銀行「岸和田市産業振興 融資ファンド」の創設

『岸和田市産業振興 融資ファンド』 概要

名称

岸和田市産業振興 融資ファンド

融資対象

岸和田市内に本社または事業所のある事業者

資金使途

運転資金、設備資金等事業資金全般

融資金額

原則として1社につき1億円以内

融資期間

最長5年

融資形態

証書貸付(分割返済)

適用金利

個別に決定させていただきます

【例】固定金利の場合、年0.60%~年1.20%となります

担保・保証人

個別に決定させていただきます

総枠

30億円

注意点

池田泉州銀行の審査がございますので、結果によってはご希望に添えない場合があります。

申込・お問い合わせ先

池田泉州銀行の各店舗

写真

  締結式の様子 締結の3者が握手 協定書を持つ3者

本件に関する問合せ先

産業政策課(電話:072-423-9485)


Danjiri city kishiwada